【NISMO Fes】星野監督「来年は佐々木でいく」と爆弾発言!?

富士スピードウェイで行われたNISMO FESTIVAL 2016のスーパーGT監督トークショーで、星野一義監督が来季のドライバーについて爆弾発言(!?)をした。

 富士スピードウェイで開催されている『NISMO FESTIVAL 2016』。そのメインステージで、スーパーGT監督トークショーが行われ、TEAM IMPULの星野一義監督、KONDO Racingの近藤真彦監督、MOLAの大駅俊臣監督が登場した。

 星野監督は今季を振り返り、「速さはあったけど、ツキがなかった」と悔しがった。

「でも逆を言えば、ツキがあればチャンピオンを獲れるということ。ツキを味方につけて、そろそろチャンピオンを獲りたいね。さっきマッチ(近藤真彦監督)に1万円渡しておいたから、大丈夫だろう(笑)」

 そう今年を振り返った。

 近藤真彦監督率いるKONDO Racingは、タイヤ無交換作戦を成功させるなど、今季2勝を挙げ、シーズンを盛り上げた。

「これまでトラブルが多くて結果を残せなかったが、ようやく2勝を挙げることができた。ようやく良い年になりました」

 そう振り返る近藤監督。来季のレギュレーションはタイヤ交換を義務付ける方向になっているという動きもあるようで、来年は「無交換せずに勝てる」ことを目指すという。

「無交換戦略ではなくとも勝てるタイヤを作ってくれるよう、ヨコハマさんにお願いしています。今年は無交換の方が、リスクはあるものの勝てる可能性は少し高かったんです」

「でも、皆さん『無交換』って言いますけど、簡単じゃないんですからね!」

 そう釘を刺すことも忘れなかった。

 MOLAの大駅俊臣監督は、「今年は忘れたい1年」と振り返った。

「ウチはツキがありませんでした。ドライバーふたりは素晴らしかったんですが、監督が良くなかったですかね……」

 来季は、前述のタイヤの件も含め、マシンのレギュレーションも大きく変わる。そしてドライバーラインアップも大きく変わると、星野監督が冗談めかして示唆した。

「来年はドライバーがみんな入れ替わるよ。ウチは佐々木(大樹)で行くから」

 そう爆弾発言をすると、近藤監督が「恐ろしい発言!」と舞台裏に戻ろうとする場面もあった。ただその近藤監督も「ウチは(ニコ)ロズベルグを連れてくるから」とさらにビッグネームの名前を出して返した。

 その来年に向けて近藤監督は、次のように目標を語った。

「今年は優勝かノーポイントだったのが痛かった。来年は荒れますよ、特に序盤は。その中でも、2勝を目指して頑張ります」

 大駅監督はタイヤをキーポイントに挙げた。

「来年はタイヤが鍵になってくると思います。ウチも2勝してチャンピオンを狙いたいですね」

 最後に星野監督は、”らしい”言葉で来季の目標を掲げた。

「来年、ニッサンがナンバー1になるのは間違いない。1勝でもチャンピオンを獲れるかもしれないけど……いや、それじゃあ星野っぽくないな……ギンギンに行きます! チャンピオン狙って頑張ります!」

【関連ニュース】

日産ドライバーたちがトークショーに集結!

快晴の富士スピードウェイで、ニスモフェス開幕

【スーパーGTもてぎ】佐々木大樹「一番の勝因は予選。用意したタイヤがうまくいった」

バトン、来季はスーパーGTとラリークロス参戦を検討

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ General
イベント名 Nismo Festival
サーキット 富士スピードウェイ
記事タイプ 速報ニュース