DRS、2017年からGP3にも導入。レース活性化と、ドライバー育成が目的

GP3は、2017年シーズンからオーバーテイクを増加させるためのシステム”DRS”を導入することを決めた。


 2017年から、GP3でもドラッグ・リダクション・システム=DRSが導入されることが決まった。

 DRSはリヤウイングのフラップを可動化させ、空気抵抗を減らすことで最高速を増やし、オーバーテイクの機会を増やすためのシステムである。まず2011年からF1で採用され、その後2015年からはGP2でも使われている。

 GP2及びGP2のCEOであるブルーノ・ミシェルは、GP2にステップアップしていくドライバーの準備、そしてレースの質の向上というふたつの目的に対し、DRSの導入は効果的であると語っている。

「我々は今年、GP3に新しいマシンを導入した。そして、信頼性の面で100%満足することができた。そしてさらに、DRSを導入し、ドライバーたちがGP2にステップアップしていく準備のための要素を追加することを決めた」

「もちろん、DRSはGP3のレースを盛り上げることになるだろう。今シーズンの初め、GP3のレースはあまりにも落ち着いていた。しかし、最近のラウンドでは、より面白いレースになり始めているけどね」

「DRSの導入は、このシリーズにドライバーを惹きつけるという効果も生むだろう。なぜなら彼らは、常に将来の準備に役立つものを探しているんだからね」

 GP3に導入されるDRSも、F1やGP2と同様のシステムになると確認されている。つまり、予選やフリー走行では、指定された区間において無制限に使用できるが、レース中にDRSを作動させるためには、先行するマシンと一定以下の差に縮める必要があるということだ。

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ GP3
記事タイプ 速報ニュース