トヨタ2000GTが神宮外苑に登場。2016年クラシックカー・フェスティバル

11月26日にトヨタは「2016 トヨタ博物館 クラシックカー・フェスティバル in 神宮外苑」を開催する。

 トヨタ自動車(株)の文化施設であるトヨタ博物館(愛知県長久手市)では、自動車文化の醸成・継承とクルマファンの交流を目的に、「2016 トヨタ博物館 クラシックカー・フェスティバル in 神宮外苑」を11月26日(土)に、恒例となった東京・明治神宮外苑(東京都新宿区)で開催する。

 今年は東京開催10周年を記念し、10個の星をあしらった記念ロゴを制作するとともに、一般来場者への特典を用意する。スカーフとサングラス※の両方を身に着けた来場者先着100名様に「トヨタ博物館入場券(2名様分)」を進呈する他、パレードスタートの様子を真近で見ていただける特別観覧エリアを設置する。

 本イベントは、明治神宮外苑聖徳記念絵画館の前をメイン会場とし、一般参加のクラシックカー約100台による銀座中央通りを通過するパレードや展示をはじめ、トヨタ博物館が収蔵するクラシックカーの展示や走行披露など多彩なプログラムを展開する。また今回、Honda Collection Hallにご協力いただき、当時の軽自動車の性能を大幅に上回りベストセラーカーとなったホンダN360が出展される。

 企画展示のテーマは「見て、聴いて、感じる 突き抜けたクルマたち-'50s、'60s」。世界中の車に影響を与えたテールフィンの頂点を極めたキャデラック エルドラド ビアリッツ(1959・米)、大衆車の既成概念を変えたモーリス ミニ マイナー(1959・英)、第1回日本グランプリクラス優勝を飾ったダットサン フェアレディ SP310(1963・日)、3つの世界記録と13の国際記録を樹立したトヨタ 2000GT“スピードトライアル”「レプリカ」(1966・日)などの走行する姿やエンジン音などを楽しんでいただける。

 なお、トヨタ博物館は“世界と日本の自動車産業がどう絡み合い進化してきたか”をより分かりやすく伝えることを目的に、本館常設展のリニューアルを推進中。来年1月には本館3F常設展をリニューアル予定であり、今回の企画展示はこれに関連したものである。

※今回の企画展示テーマの1950年代をイメージ

 開催概要は、以下のとおり。

(1)日時:2016年11月26日(土)10:00~15:30(入場無料)

(雨天決行 : 但し、諸事情によりプログラムが変更となる場合あり)

(2)会場:明治神宮外苑 聖徳記念絵画館前(東京都新宿区霞ヶ丘町1-1)

(3)内容:

 オープニングセレモニー(10:00~10:20)

 クラシックカーパレード&展示(一般参加車両約100台)

 クラシックカーパレード(10:20~12:00頃)

 クラシックカー展示(パレードから帰ってきた一般参加車両・トヨタ博物館車両)(11:00頃~15:30)

 Classic Car Circuit(CCC)
クラシックカーが会場内を走行(12:30~15:00)


 Classic Car Studio(CCS)
特設ブースでのMCによるトークショー。オーナーインタビュー、会場の様子も実況(12:30~15:00)

 【TOYOTA Global Newsroom】

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ History
イベント名 トヨタ博物館 クラシックカー・フェスティバル
サブイベント 神宮外苑
記事タイプ 速報ニュース