2016年クラシックカー・フェスティバル開催。秋晴れの神宮外苑が賑わう

『トヨタ博物館クラシックカー・フェスティバルin神宮外苑』では100台ものクラシックカーが、いちょう並木から銀座をパレードランした。

 11月26日(土)午前10時より明治神宮外苑聖徳記念絵画館(東京都新宿区)にて、『トヨタ博物館クラシックカー・フェスティバルin神宮外苑』(CCF)が開催された。晴天に恵まれ、多くの来場客が訪れた。

 自動車文化の醸成・継承とクルマファンの交流を目的としている今回のイベントでは、東京での初開催から10周年を記念してメイン会場に映画「007は二度死ぬ」でお馴染みのボンドカー「トヨタ 2000GT」が展示された。また今回の企画テーマは、『見て、聴いて、感じる 突き抜けたクルマたち-’50s、’60s-』。日欧米の時代を象徴する6台(キャデラックエルドラド、モーリスミニ、ホンダN360、ダットサンフェアレディSP310型、トヨタ2000GT”ボンドカー”、トヨタ2000GT”スピードトライアル”)が展示され、会場内に用意された「クラシックカーサーキット」にて走行した。

 またイベントを大きく華やかせた一般オーナーによるパレードランでは、100台もの車両が参加した。1931年式のフォードモデルA(千葉工業大学自動車部出展)から、1986年式のトヨタカローラレビンまで車種や年式が多様で、いちょう並木から銀座を通るコース(計11km)を走行した。

 今回の主催者であるトヨタ自動車株式会社トヨタ博物館の布垣直昭館長は、今回のイベント開催に対し次のように語った。

「トヨタ博物館はクラシックカーの魅力をより多くの方々に知っていただく場として、1989年の創立よりクラシックカー・フェスティバル(CCF)を開催してきました。2007年より東京でも開催をはじめ、お陰様で今年で記念すべき10回目を迎えることができました」

「クラシックと言うと“古いもの”とイメージされがちですが、本来は時代を超えて愛される芸術などに使われる最高級の褒め言葉です。CCF出場車はどれをとっても時を重ねて愛され続けてきた車ばかりです。そんなクラシックカーへの熱い想いが車文化として醸成され、ひいては心の豊かさや優れたモノづくりの源泉にもなっていくと思っております」

【関連ニュース】

トヨタ2000GTが神宮外苑に登場。2016年クラシックカー・フェスティバル

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ History
イベント名 トヨタ博物館 クラシックカー・フェスティバル
記事タイプ 速報ニュース