787Bリバイバルカラーのマツダ55号車は2位:IMSA第6戦予選

IMSAスポーツカー選手権第6戦ワトキンスグレンの予選が行われ、787Bリバイバルカラーを纏うマツダ55号車が2番手となった。

 IMSAスポーツカー選手権第6戦ワトキンスグレン。同シリーズに参戦しているマツダは、ル・マン24時間優勝25周年を記念して、今回のレースに出走する2台のマシンに、スペシャルカラーリングを施している。

 55号車は黄緑とオレンジで塗り分けられ、1991年のル・マン24時間を制した787Bを彷彿とさせるカラーリングとなっている。また、70号車は55号車と同じデザインであるものの、塗り分けは現在の赤と銀の2色に置き換えられている。

 現地時間の7月2日に予選が行われ、55号車は首位から0.167秒差の2位、70号車は1.122秒差の5位となっている。

 ポールポジションを獲得したのは、スコット・シャープらが搭乗する2号車テキーラ・パトロンESMのリジェJS P2だった。

IMSA第6戦リザルトはこちら

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ IMSA
イベント名 ワトキンスグレン
サーキット ワトキンス・グレン
ドライバー Johannes van Overbeek , Renger van der Zande , Richard Westbrook , Robin Liddell
チーム Chip Ganassi Racing , ESM Racing , スターワークス・モータースポーツ , スティーブンソン・モータースポーツ
記事タイプ 予選レポート