【IMSA】トニー・カナーン、フォードからデイトナ24時間参戦

インディカーにレギュラー参戦しているトニー・カナーンは、来月のデイトナ24時間レースにフォードGTから出場する。

 アメリカの耐久レースを知り尽くしている41歳のブラジル人ドライバー、トニー・カナーンは、2015年のデイトナ24時間でスコット・ディクソン、カイル・ラーソン、ジェイミー・マクマレーと共にフォードのライリーDPをドライブし、勝利を収めている。

 カナーンは、フォード・チップ・ガナッシ・レーシングから2017年の1月に行われるデイトナ24時間レースのGTLMクラスに出場する予定であり、世界耐久選手権(WEC)でフォードをドライブするハリー・ティンクネルとアンディ・プリオールと3人でフォードGTの69号車をドライブする。

 66号車と67号車は、今シーズンIMSA ウェザーテック・スポーツカー選手権にレギュラー参戦したドライバーがそのままドライブすること予定だ。66号車がジョーイ・ハンド、ディルク・ミューラー、セバスチャン・ボーデ、67号車がライアン・ブリスコー、リチャード・ウェストブルック、スコット・ディクソンというラインアップになっている。

 68号車は、WECに出場しているオリヴィエ・プラとステファン・ミュッケ、さらに2016年のル・マン24時間レースで初めてフォードGTをドライブしたビリー・ジョンソンが加わることになっている。

【関連ニュース】

【IMSA】フォード、ル・マンと同じくデイトナ24時間も4台体制で参戦

【IMSA】デュバル、デイトナ24時間レースに参戦決定

【IMSA, WEC】コンウェイ、デイトナ24時間でキャデラックをドライブ

2017年デイトナ24時間にキャデラックが参戦。プロトタイプレースは14年ぶり

レベリオン、ブエミ&ジャニ&ハイドフェルドを擁してIMSAの耐久レースに参戦

 

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ IMSA
イベント名 ロレックス・デイトナ24時間レース
サーキット デイトナ・インターナショナル・スピードウェイ
ドライバー Tony Kanaan
チーム フォード・レーシング
記事タイプ 速報ニュース