マツダ、今週末のIMSAに”787Bリバイバルカラー”のマシンを投入

マツダは今週末にワトキンス・グレンで行われるサーレン6時間レースで、特別カラーリングを施した2台のマシンを走らせる。

 今週末にワトキンス・グレンで行われるIMSAスポーツカー選手権サーレン6時間レースで、マツダはル・マン24時間優勝25周年を記念した特別カラーリングを、2台のマシンに施すことになった。

 55号車は、1991年にル・マン24時間を制したマツダ787Bカラーリングを模したものになり、明るい緑色とオレンジの2色で塗り分けられている。もう1台の70号車は、デザインこそ55号車と同じだが、塗り分けは通常のカラーリングを受け継ぎ、赤と銀の2色になっている。

 マツダは1991年のル・マン24時間レースで総合優勝を果たした。これは、日本車による初のル・マン制覇であり、今でも唯一の記録である。

「彼らがル・マンに勝った時、僕は多分生まれていなかった。しかし、そのクルマの動画はインターネット上にもたくさんある。だから、僕は長年787Bを見てきたんだ。マツダの一員として加入する前からね」と、チームのドライバーであるトリスタン・ヌニェスは語る。

「そのクルマは、本当に印象的な1台だよ。そして、ロータリーエンジンが発する音が素晴らしい! そのカラーリングが施されたマシンに乗れるなんて、名誉だね。ワトキンス・グレンでトレーラーから降ろされるまで、僕はそのクルマを見ることはないけど、多くの皆さんにとって感動的な瞬間になりそうだ。もちろん、僕を含めてね」

 今回のレース、マツダのドライバーラインアップは、以下のようになっている。

55号車:トリスタン・ヌニェス、ジョナサン・ボマリト、スペンサー・ピゴット
70号車:トム・ロング、ジョエル・ミュラー、ベン・デブリン

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ IMSA
イベント名 ワトキンスグレン
サーキット ワトキンス・グレン
ドライバー Ben Devlin , Joel Miller , Jonathan Bomarito , Spencer Pigot , Tom Long , Tristan Nunez
チーム マツダ・モータースポーツ
記事タイプ 速報ニュース