インディカー最終戦ソノマ決勝:パジェノー完勝。今季を象徴する走りで初王者に輝く

ランキングトップで最終戦を迎えたパジェノーがポール・トゥ・ウインで完勝。16年インディ王者に輝いた。

 インディカーシリーズ最終戦が行われ、ペンスキーのシモン・パジェノーがポール・トゥ・ウインで優勝。2016年のチャンピオンに輝いた。

 早くも最終戦を迎えた、2016年のインディカーシリーズ。チャンピオンになる権利は、パジェノーとウィル・パワー(ペンスキー)のふたりに絞られ、ソノマ・グランプリに臨んだ。ポールポジションはポイントリーダーのパジェノーで、最大のライバルであるパワーは4番グリッドスタートとなる。

 大きなインシデントもなく、パジェノーが首位のポジションをキープ。エリオ・カストロネベス(ペンスキー)、ファン-パブロ・モントーヤ(ペンスキー)らが続く。

 先頭のパジェノーは、16周を終了した時点でピットイン。カストロネベスも同じタイミングでピットインする。

 これで、先にピットインしていたパワーが、カストロネベスの前に浮上。ただ、パジェノーとの差は6秒開いている。以下モントーヤが4番手、グラハム・レイホール(レイホール・レターマン・ラニガン)が5番手である。15番手スタートの佐藤琢磨(A.J.フォイト)は10番手まで浮上している。

 2番手に上がったパワーだが、ペースがなかなか上がらず、3番手のカストロネベスに追われる苦しい展開である。

 パワーを追っていたカストロネベスは、29周目終了時点でピットイン。パワーをアンダーカットにいったのか? 佐藤琢磨は31周終了時点で2回目のピットインである。

 36周目、2番手を走っていたパワーがスローダウン。ギヤが入らず、ノロノロとしたスピードでコースを走っていく。この間にパジェノーはピットストップをこなす。

 パワーはなんとかピットに辿り着こうするが、叶わず。そして、遂にコース上にストップしてしまう。この瞬間、パジェノーのチャンピオンが、ほぼ確定した。そしてコースにはイエローコーションとなる。

 パワーはマーシャルカーに牽引されてピットに入り、ステアリングホイールを交換
するなど様々な対策を講じるが、功を奏さず。時間だけが過ぎていく。

 このコーション中に、スコット・ディクソン(チップ・ガナッシ)がピットイン。ヘルメットを交換する珍しいシーンがあった。無線が不調だったようだ。

 42周目からレース再開。パジェノーは再び2番手に対するリードを広げている。

 リードラップが44周目に入った頃、パワーがようやくコースに復帰。しかし、すでに8周の遅れである。

 佐藤琢磨は48周を走りきったところでピットイン。トニー・カナーン(チップ・ガナッシ)、チャーリー・キンボール(チップ・ガナッシ)、マックス・チルトン(チップ・ガナッシ)もピットに入った。50周終了時点で2番手走行のカストロネベスも入る。ただ、これらのマシンは最低もう1回はピットインしなければ、チェッカーまで届かない。

 61周終了時点で、先頭のパジェノーがピットイン。これでチェッカーまで走りきることを目指す。62周終了時点で、レイホールがピットイン。これで先頭はカストロネベスである。ただ、カストロネベスの真後ろにはパジェノー。しかもカストロネベスは、もう1回ピットストップしなければならない。

 68周終了時点で佐藤琢磨が、69周目終了時点でカストロネベスがピットイン。それぞれ、最後のストップである。

 残り10周、チャンピオンの座をほぼ手中にした先頭を行くパジェノーに、レイホールが接近。その差1秒以内に迫ってくる。また、6番手を行くジョセフ・ニューガーデン(エド・カーペンター)にカストロネベスが近付き、テール・トゥ・ノーズの状態だ。

 残り6周という段階で、レイホールがパジェノーから遅れだし、ギャップが一気に2秒以上へと開く。これで勝負あった。

 パジェノーはそのままチェッカーまで走りきり、先頭でフィニッシュ。ポールポジション、最多ラップリードを獲得して完勝すると共に、2016年のインディカー王者に輝いた。以下モントーヤ、ハンター-レイと続き、最終ラップで燃料が足りなかったアレクサンダー・ロッシ(アンドレッティ・ハータ・オートスポート)が5位に入った。佐藤琢磨は攻撃的な戦略が功を奏さず、14位でのフィニッシュとなった。

インディカーシリーズ最終戦ソノマ・グランプリ決勝結果 
Cla DriverLapsTimeGapIntervalMphPitsRetirementPoints
1   22   Simon Pagenaud  85 2:00'12.9424     101.181 3   104
2   15   Graham Rahal  85 2:00'16.1947 3.2523 3.2523 101.135 3   81
3   2   Juan Pablo Montoya 85 2:00'30.9581 18.0157 14.7634 100.929 3   70
4   28   Ryan Hunter-Reay  85 2:00'42.6648 29.7224 11.7067 100.765 3   64
5   98   Alexander Rossi  85 2:00'43.6073 30.6649 0.9425 100.752 3   60
6   21   Josef Newgarden  85 2:00'45.2178 32.2754 1.6105 100.73 3   56
7   3   Helio Castroneves  85 2:00'45.7914 32.8490 0.5736 100.722 4   53
8   27   Marco Andretti  85 2:00'47.2426 34.3002 1.4512 100.702 3   48
9   83   Charlie Kimball  85 2:00'47.8777 34.9353 0.6351 100.693 4   44
10   11   Sébastien Bourdais  85 2:00'56.8389 43.8965 8.9612 100.569 3   40
11   7   Mikhail Aleshin  85 2:01'02.2666 49.3242 5.4277 100.493 4   38
12   5   James Hinchcliffe  85 2:01'04.0728 51.1304 1.8062 100.468 3   36
13   10   Tony Kanaan  85 2:01'05.1216 52.1792 1.0488 100.454 4   34
14   14   Takuma Sato  85 2:01'05.5755 52.6331 0.4539 100.448 4   32
15   26   Carlos Munoz  85 2:01'09.6180 56.6756 4.0425 100.392 4   30
16   8   Max Chilton  85 2:01'22.2005 1'09.2581 12.5825 100.218 5   28
17   9   Scott Dixon  85 2:01'34.0536 1'21.1112 11.8531 100.055 5   26
18   41   Jack Hawksworth  84 2:00'33.2952 1 lap  1 lap  99.709 6   24
19   19   R.C. Enerson  84 2:01'31.2600 1 lap  57.9648 98.916 5   22
20   12   Will Power  77 2:01'11.5582 8 laps  7 laps  90.919 3   20
21   18   Conor Daly  36 56'33.9000 49 laps  41 laps  91.074 3 Mechanical 18
22   20   Spencer Pigot  35 49'14.6307 50 laps  1 lap  101.708 2 Mechanical 16

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ IndyCar
イベント名 ソノマ
サーキット ソノマ・レースウェイ
ドライバー Simon Pagenaud
記事タイプ レースレポート