ニューガーデンは鎖骨と右手を骨折も、即日退院の見込み

インディカーのメディカルディレクターであるジェフ・ビロウズは、ニューガーデンの怪我を説明し、ニューガーデン自身もコメントを発表した。

 ジョセフ・ニューガーデンは、テキサス・モーター・スピードウェイで行われていたファイアストン600でコナー・デイリーと接触。マシンを大破するクラッシュを喫した。

[クラッシュシーンのビデオを見る]. 

 ニューガーデンはクラッシュの後、マシンから降ろされ、パークランド記念病院に搬送された。

 インディカーシリーズのメディカルディレクターであるジェフ・ビロウズによれば、右鎖骨と右手に骨折している箇所があるものの、その日のうちに退院するという。

「ダラーラ、インディカー、セーフティ・チーム、そしてテキサス・モーター・スピードウェイで働く皆さんに感謝している」

 ニューガーデンは声明でそう語った。

「クルマの安全性は素晴らしかった。そして、セーフティ・チームの反応は驚くべきものだった」

「僕は少し傷んだけど、全体的にはOKだ。インディカーとこのシリーズに関わるすべての人のおかげだと思う。少し痛みを感じているけど、すぐに戻ってこれる準備が整うことを願っている」

「僕らは今日、素晴らしいクルマを持っていた。しかし、予定していた通りには事は進まなかった。僕はコナー(デイリー)と僕自身について、最悪のことも考えた。しかし、コナーが僕と同様に大丈夫で良かった」

「僕はできるだけ早くここに戻ってきて、戦うだろう。幸運なことに、僕は大丈夫。そして僕を助けてくれた人に、改めて感謝したい」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ IndyCar
イベント名 テキサス
サーキット テキサス・モーター・スピードウェイ
ドライバー Josef Newgarden
チーム Ed Carpenter Racing
記事タイプ 速報ニュース