佐藤琢磨トークイベント開催。「来年は本当に良いレースができそう!」

佐藤琢磨のスペシャルトークイベント「TCM2016」が開催され、佐藤琢磨が今シーズンのインディカーを振り返り、アンドレッティに移籍する来季の展望を語った。

 12月11日(日)、代々木にある山野美容専門学校で、インディカードライバーの佐藤琢磨選手のファンクラブ”Takuma Club”の公式ミーティングイベント、「TCM2016」が開催された。

 レースの週末にはコース上に飾られていた横断幕が彩る会場には、琢磨グッズの数々を身につけたファンがぎっしり。琢磨の登場を待ちわびた。

 開演時間になり会場が暗くなると、2013年から所属したA.J.フォイト・レーシングでの4年間を凝縮した動画が流れた。

 その後、琢磨が壇上に登場。自動車ライターの大谷達也氏も交え、アンドレッティ・オートスポートへの移籍についてトークが行われ、早速極秘のトークが飛び出した。決して口外しないようにと釘を刺されてしまったため、ここでその内容を明かすことはできないが、琢磨とホンダの、そしてアンドレッティの本気度がうかがえるようなトークに、来季の期待が大きく膨らむような内容だったとだけお伝えする。会場に訪れたファンにとっても、素晴らしい贈り物となったであろう。

 レース映像を交えながらの今シーズンの振り返りに移ると、琢磨は完走率は高いながらも、波に乗り切れなかった厳しいシーズンに悔しい表情を滲ませた。

 来季はA.J.フォイト・レーシングに加入するカルロス・ムニョスとのスイッチのような形でアンドレッティに加わる琢磨は、A.J.フォイト・レーシングへの感謝を何度も口にした。

「本当に感謝の気持ちしかない。A.J.(フォイト)はああいう方なんで、パフォーマンスが出なかったらさっさとクビにする。チームで3年以上走った人は本人しかいないと聞いた。外からは十何位というレースしか見られなかったかもしれないけど、中でやっている人たちにとっては、自分たちがどれだけ苦しい状況の中でやってきたかっていうのは知っていたので、僕を使い続けてくれたっていうのは、感謝の気持ちしか残ってないですね」と琢磨は語った。

 シーズンを終えて一度日本に戻った琢磨は、その時点までチーム(A.J.フォイト)と来季に向けて、コミュニケーションを取っていたという。しかし結局、A.J.フォイトと琢磨は別々の道を歩むことになった。11月頃にアメリカに戻った琢磨は、アンドレッティのところでもなく、マネージャーのところでもなく、まずA.J.フォイト・レーシングのあるヒューストンに向かったという。

「チームのみんなに会いたかった。チームのみんな、ひとりひとりにありがとうを言いたかった」と琢磨は語った。

 急転直下、A.J.フォイトがシボレーに”スイッチせざるをえない”状況になっても、A.J.は「いつでも待ってるからな」と琢磨にラブコールを送ったという。

 移籍を検討した時に『4つ』の選択肢があったという琢磨は、ナンバー1待遇を約束してくれた、マリオ・アンドレッティのチームを選んだという。

「開口一番、”ナンバー1イコールステータス”を約束してくれた。それがドライバーにとって、最も大事なことなんですよ」と琢磨は語った。

「来年は夢で終わらせないようにしっかりと。本当に良いレースができそうな気がする」と来季の展望を語った琢磨。

 ファンからの質問で、来年のチームメイトとなるドライバー3人との付き合い方について聞かれた琢磨は「一番大事にしたいのはマルコ・アンドレッティ!」と答えて会場を沸かせた。

 トークショーが終わると、琢磨のサイン入りグッズの抽選会やジャンケン大会が行われた。実際に着用したチームシャツやレーシンググローブ、レーシングシューズなどの豪華な”お宝”が賞品となった。

 その後は、琢磨が会場のファン全員との握手会を行い、TCM2016が終了した。

【関連ニュース】

ホンダ・サンクスデー③:アンドレッティ加入の佐藤琢磨「トップを狙う!」

アンドレッティ、佐藤琢磨の加入を発表。琢磨「共に働くのを待ちきれない」

佐藤琢磨キッズカートイベントに40人が参加。移籍については「交渉中」と語る

佐藤琢磨、アンドレッティと2017年の契約締結へ

インディカー最終戦:佐藤琢磨「今年は度々不運に見舞われる苦しいシーズンだった」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ IndyCar
イベント名 Takuma Club Meeting
サブイベント Special event
記事タイプ 速報ニュース