A.J.フォイト、シボレー陣営にスイッチへ

A.J.フォイトは来季、シボレーエンジンを使用することになりそうだ。これに伴い、エンジニアやドライバーの離脱が予想される。

 A.J.フォイト・レーシングは来季、ホンダからシボレーにエンジンを変更することを検討している。チーム代表のラリー・フォイトも「まだ何もサインしていないが、我々はその方向に向かっている」とコメントし、検討中であることを認めている。

 この変更が実現した場合、チームはドライバーラインアップが完全に変わり、数人の重要なテクニカルスタッフも失うことになるとみられる。これは、A.J.フォイトにとって激動のシーズンになることを意味している。

 2016年はチームにとって、2台のマシンをフルタイムで走らせた2年目のシーズンである。そして佐藤琢磨は17位、ジャック・ホークスワースは20位で今年のチャンピオンシップを戦い終えた。もしシボレーに変更することになれば、佐藤琢磨も含め、チームを離れることは確実である。

 アレキサンダー・ロッシの2016年のエンジニアと努めたトム・ジャーマンはこの数週間、A.J.フォイトと加入に向けた話をしているとみられている。しかし、デイル・コイン・レーシングでルカ・フィリッピやギャビー・チャベスのレースエンジニアを務めたカイル・ブラナンはA.J.フォイトの誘いを断り、エクストリーム・スピード・スポーツのスポーツカーチームに加入することになった。

 ドライバーに関しては、カルロス・ムニョスが有力候補のひとりと考えられている。また、ファン-パブロ・モントーヤもそのリストの上位に名を連ねているが、彼がこの段階で、再構築を強いられるチームに加入するとは考えにくい。

 

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ IndyCar
チーム A.J. Foyt Enterprises
記事タイプ 速報ニュース