【インディカー】A.J.フォイト、ムニョス&デイリーを来季起用すると決定

A.J.フォイト・レーシングが、2017年のドライバーラインアップを決定。ムニョスとデイリーを起用することが明らかになった。

 A.J.フォイト・レーシングは、カルロス・ムニョスとコナー・デイリーを起用し、インディカーの2017年シーズンを戦うことを決めた。ムニョスはカーナンバー14、デイリーはカーナンバー4を付ける予定だ。

 いずれのマシンもABCサプライがスポンサードするが、異なるレースショップがメンテナンスを請け負うことになるようで、ムニョスのマシンはテキサスをベースとするチームズ・ウォーラー、デイリーのマシンはインディアナ州のレースショップが受け持つ。

 今回の発表を受け、デイリーは次のように語った。

「誰がドライブしていたとしても、僕はいつもカーナンバー4のマシンを応援していた。この数字は、僕の家族にとっては大いに意味を持つものなんだ。そして、それを掲げるのが待ちきれないよ」

「2017年シーズンを再びA.J.フォイトで戦うことになり、とても興奮している」

「彼らは、セブリングで僕に初めてインディカーをテストする機会をくれた。そしてそれだけではなく、最高のレースであるインディ500に、2013年に出走させてくれたんだ」

「僕はこのようなチームにフルシーズンを戦う機会を得た。そして僕はこれまで満足できていなかったんだ。そしてまたアメリカ人としては、赤、白、青でカラーリングされたマシンに乗るのは特別なことだ。僕のインディカーでのキャリアを構築し続けるためには、絶好の機会だと思う。A.J.には感謝しても仕切れない」

 一方のムニョスは、A.J.フォイトに加入することを「最も明確な選択肢だった」と語っている。

「僕のプロドライバーとしてのキャリアが新しい段階に踏み出すことについて、とても興奮している。ラリー(フォイト)とその父親でありレース界の伝説であるA.J.と仕事をし、そしてカーナンバー14のマシンをドライブすることはとても楽しみだ」

「僕の主だった目標のひとつは、インディ500で勝利することだ。でも、彼らは別のものを勝つことを望んでいるということも僕は知っているので、願わくば両方達成できるといいね。2017年のA.J.フォイト・レーシングは、全く新しいパッケージであり、チームは新しい人材を迎え入れている。そして常に厳しく戦い、常に競争力をつけようとしている。始まるのが待ちきれない」

 チーム代表のラリー・フォイトは、来季に向けて次のように語っている。

「我々は短期間で非常に大きな変化を遂げた。チームは結束しており、グループ全体が同じ方向を向いている。このポジティブな勢いをコース上で素晴らしい結果に変換できることを望んでいる」

 ラリーの父であるA.J.フォイトは、来年1月に82歳になる。その彼は次のように語った。

「我々のドライバーは、ふたりとも非常に若く、彼らの将来に向け突き進んでいる。私は彼らの未来の一部になっていくことを、楽しみにしている」

 なお、チームは来季から、エンジンとエアロキットのメーカーをホンダからシボレーに変更すると噂されているが、この進捗について現時点では明らかになっていない。

【関連ニュース】

佐藤琢磨キッズカートイベントに40人が参加。移籍については「交渉中」と語る

佐藤琢磨、アンドレッティと2017年の契約締結へ

モントーヤ、2017年もチーム・ペンスキーに残留へ

コナー・デイリー、A.J.フォイトのシートを狙う。「インディはチーム数が足りていない」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ IndyCar
ドライバー Carlos Munoz , Conor Daly
チーム A.J. Foyt Enterprises
記事タイプ 速報ニュース