ファイアストン600:ヒンチクリフ、ドームスキッドの磨耗でペナルティ

ファイアストン600で2位だったヒンチクリフとシュミット・ピーターソン・モータースポーツは、インディカーのオフィシャルから重いペナルティを科せられた。

 ジェームス・ヒンチクリフとシュミット・ピーターソン・モータースポーツは、ドームスキッドの磨耗により、ペナルティを受けるようだ。

 ヒンチクリフは、テキサス・モーター・スピードウェイ史上最も僅差の0.008秒という差で2位となっていたが、チャンピオンシップで25ポイント減算のペナルティを科せられた。ペナルティを受けることで彼はランキング8位から9位に落ち、カルロス・ムニョスが8位に上がった。チームも2万ドル(約206万円)の罰金を科せられている。

 レースでは何台かがかなりの量のスパークを飛ばしていたが、ヒンチクリフのマシンほどではなかった。

 76日間にわたって中断されていたファイアストン600は、ヒンチクリフが先頭でレースが再開され、写真判定でレースが終わるまでに、彼は248周中188周をリードした。

「今週のレース後の分析で、カーナンバー5(ヒンチクリフ)のスキッドプレートは磨耗しており、我々のルールに違反していると明らかになった」と、インディカーの競技委員長であるジェイ・フライは発表した。

「パフォーマンスのアドバンテージと安全上の懸念がある。スキッドのドーム状の部分は、役に立たない(ダウンフォースを減らす効果を発揮しない)ところまで削れていた」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ IndyCar
イベント名 テキサス
サーキット テキサス・モーター・スピードウェイ
ドライバー James Hinchcliffe
チーム Schmidt Peterson Motorsports
記事タイプ 速報ニュース