佐藤琢磨「僕たちができることはすべてやった」

第4戦 バーバー(アラバマ州)決勝(4月24日):激しい追い上げを見せて13位完走

 2016年4月24日、アラバマ州バーミンガム発。バーバー・モータースポーツパークで行われたホンダ・インディ・グランプリ・オブ・アラバマの決勝に16番グリッドから出走することになった佐藤琢磨は、挽回を図るため、他のドライバーとは異なる戦略でレースに臨みました。
 スタートを示すグリーンフラッグが振り下ろされる直前、琢磨の目の前を走っていた2台が接触します。琢磨はこのアクシデントを巧みに回避し、ポジションを上げました。

 ところがリスタート直後のターン2で、あるマシンとの接触を避けようとした琢磨は左側のタイヤをダートに落としてしまいます。琢磨はコースに復帰したものの、ほとんど最後尾まで順位を落としました。このため早めのピットストップを行ってコース上のポジションを取り返す戦略を選ぶこととなります。

 ピットストップ作業が7秒台と速かったことも手伝い、琢磨はこれを見事に実行し、いくつか順位を上げます。さらに、他のドライバーがブラックタイヤで走行している間、琢磨は2スティントでオルタナティブのレッドタイヤを装着、これを活用することで数台をコース上でオーバーテイクしました。こうした戦略の妙にも助けられ、琢磨は90周のレースの22周目には14番手まで挽回します。

 レース戦略を決めるラリー・フォイトは琢磨にできる限り燃料をセーブするように指示。この結果、ライバルたちが履くタイヤの寿命が尽きかけたとき、琢磨は激しく追い上げることができました。さらに、他のドライバーとは異なるレース戦略が功を奏し、No.14 ABCサプライ・ホンダに乗る琢磨は13位でフィニッシュしました。

 なお、14番グリッドからスタートしたチームメイトのジャック・ホークスワースもアクシデントなどに巻き込まれた結果、19位でレースを終えました。

 ベライゾン・インディカー・シリーズはここから2週間のオフに入り、アンジーズ・リスト・グランプリ・オブ・インディアナポリスでキックオフする“インディ月間”のマンス・オブ・メイに備えることとなります。

佐藤琢磨のコメント
「グリーンフラッグが提示される前にムニョスがアレシンに体当たりしたのは本当にばかげたことだと思います。僕は彼らを避けて順位を上げましたが、リスタート後のターン2で今度はポジションを落としてしまいました。イン側をたくさんのマシンが走っており、しかも前を走るマシンには勢いがありました。僕は彼らを避けたものの減速せざるをえず、その後スピードを取り戻しましたが、左側のタイヤをダートに落としてしまいます。このため隊列の最後につけることとなりました。チームのメカニックはピットストップの際に素晴らしい仕事をしてくれました。僕は何度かポジションを上げることができたので、早めにピットインしてアタックするという戦略はうまくいったと思います。その後は燃料をセーブすることが僕たちのミッションとなりましたが、これもやり遂げました。今日の状況下で、僕たちはできることをすべてやったといえます」

AJフォイト・レーシングのプレスリリースより)

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ IndyCar
イベント名 バーミンガム
サブイベント 日曜日 決勝レース
サーキット バーバー・モータースポーツ・パーク
ドライバー Takuma Sato
記事タイプ 速報ニュース