プジョー 208 R2、全日本ラリー選手権第7戦で優勝:プジョープレスリリース

プジョー208 R2はシーズン最長の天王山を駆り、タイトルに王手をかけた。

 プジョー208をベースとしたラリー専用車「208 R2」が、2016 年全日本ラリー選手権第7戦「RALLY HOKKAIDO」に 参戦しました。208 R2は総走行距離が 230km を超えるシーズン最長のラリーを走り切り、今季4勝目を果たしました。この結果、208 R2の柳澤宏至選手はJN5クラス・ドライバーランキング首位の座を守り、タイトル決定に王手をかけました。 

 第7戦は十勝・帯広エリアの高速グラベル(未舗装路)を舞台に、9月23日(金)~25 日(日)の日程で開催されました。プジョー208 R2でJN5クラスを戦う「ラリープラス・クスコレーシング・ラリーチーム」の柳澤宏至選手は、雨を含み滑りやすくなった路面でも抜群のスピードを発揮。初日から安定した走りでトップとなり、2 日目も抜群の安定感を見せました。通常のポイントが 2 倍となるポイント係数 2.0 というラリーで、見事優勝を飾りました。シリーズランキングもトップ をキープし、タイトル決定を目前としています。

JN5クラス優勝:柳澤宏至選手(ラリープラス・クスコレーシング・ラリーチーム)

「ラリー北海道は非常にタフで、距離も長いラリーです。これだけ多くのマシンがリタイアするなか、しっかりと走り切れ たことがまずはうれしいです。そして、それが優勝というかたちで締めくくれたことも大きいですね。後続とはかなり差があったので、しっかりと集中力を切らさず走ることを心がけました。プジョー208 R2で高速グラベルステージを走行するのは今回が初めてでしたが、ヨーロッパのイベントで鍛え抜かれてきただけあって、まったく問題ありませんでした。 あらためて、マシンの素性の良さを実感しました」 

【プジョープレスリリース】

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ 全日本ラリー選手権
イベント名 第7戦「RALLY HOKKAIDO」
記事タイプ プレスリリース