全日本ラリー選手権第6戦 嬬恋:TOYOTA GAZOO Racingの大倉聡/豊田耕司組がクラス4位

全日本ラリー選手権第6戦が嬬恋で行われ、TOYOTA GAZOO RacingのTGR Vitz GRMN Turbo(大倉聡/豊田耕司組)が、JN5クラス4位、総合18位で完走した。

 2016年シーズンの全日本ラリー選手権第6戦「モントレー in 嬬恋」が、827日~28日に開催され、TOYOTA GAZOO RacingチームのTGR Vitz GRMN Turbo(大倉聡/豊田耕司組)が、JN5クラス4位、総合18位で完走を果たした。

 今回は、選手権ランキングで首位から8.6ポイント差の2位につける大倉選手にとって、タイトル奪取に向けて着実にポイントを重ねたい一戦となる。チームはこのラリーに向けて、ターマック(舗装路)仕様の2号車を投入。大会前日の夕方から本格的に雨が降り出し、土曜日のスタートの段階で、路面は滑りやすく濡れた状態となった。

 ひとつの操作ミスで簡単にコースを外れてしてしまう難しい状況のなか、大倉選手は安定したタイムをマークし、初日をクラス5位で終えた。「コースによっては、路面に川のような雨水が流れている箇所もあったので、とにかく攻めすぎないように注意して走りました。高速コーナーが続くコースではパワーのある車両が有利ですが、低速コーナーが中心のコースでは互角に渡り合えたと思います」と、大倉選手。 

 ラリー2日目は、サービスパークでは雨が降り続いているものの、スペシャルステージ(タイムアタック区間でありタイムが計測されるコース)が行われる地域では雨は小康状態に。また、一部の区間では路面が乾き始めていた。大倉選手はSS1212番目のスペシャルステージ)で4位にポジションを上げ、濡れた路面と乾いた路面が混在する難しい路面状況のなか、迫り来るライバルを凌ぎ切り、シーズン残り3戦のランキング争いにつながる価値ある4位を獲得した。

 フィニッシュ後にチームの車両整備に戻ってきた大倉選手は、「前日よりもさらに良いフィーリングで走ることができました。今回は雨で滑りやすく危険な路面でしたが、TGR Vitz GRMN Turboはしっかり熟成されて、きちんと攻めることができました」と、過酷なラリーを終えて安堵の表情をのぞかせた。

 チーフメカニックの豊岡悟志は、「今回は参加車両も多く、非常に面白いラリーでしたね。かなり難しい路面状況でしたが、ドライバーもメカニックも頑張ってくれました。トラブルなくしっかりと走り切ることができ、我々の強みであるマシンの、一戦一戦積み上げてきた信頼性の高さを実感したラリーでした」と、笑顔で語っている。

 

詳細レポートは以下のURL

http://toyotagazooracing.com/jp/jrc/report/2016/06/02.html 

 

次戦予告

 923日~25日に開催される第7戦「RALLY HOKKAIDO」は、アジア・太平洋地域を転戦するアジア・パシフィックラリー選手権(APRC)と併催される、グラベル(未舗装路)ラリー。かつてWRC(世界ラリー選手権)として開催された実績もあり、走行距離も長く、北海道の大地を疾走するスケールの大きなイベントです。TOYOTA GAZOO RacingブースにはヤリスWRCを展示し、GAZOO Lady 2名も登場予定。また、24日、25日の両日は、北海道では初となるTOYOTA GAZOO Racing PARKも開催します。

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ 全日本ラリー選手権
イベント名 モントレー in 嬬恋
記事タイプ レースレポート