プジョー208 R2が全日本ラリー開幕戦でJN5クラスで2位

プジョー・シトロエン・ジャポン株式会社がサポートするプジョー208 をベースとしたラリー専用車「208 R2」が、2016年全日本ラリー選手権開幕戦「ツール・ド・九州2016in 唐津 SupportedbySammy」に参戦し、デビュー戦で2位表彰台を獲得しました。また、同クラスに参戦した208 GTiもクラス3位という成績を残しました。

 2016年全日本ラリー選手権開幕戦は、佐賀県唐津市を起点に4月9日(土)、10日(日)に開催されました。昨年208 GTiで参戦した「ラリープラス・クスコレ ーシング・ラリーチーム」は、国内で初めてフランスのプジョー・スポールが開発したFIA R2規定の208 R2を投入し、勝利を目指しました。208 R2は初日から安定したタイムを記録し、JN5クラスの2番手を走行。2日目は首位を走るライバルに発生したトラブルや、208 R2の追い上げによって8.7秒という僅差まで詰め寄り、勝利目前のクラス2位で初戦を終えました。208 R2はツイスティなターマックステージでも素晴らしいハンドリング性能を発揮し、マシンの基本性能とバランスの良さをあらためて証明しました。また、同クラスに出場した208 GTiも4位でフィニッシュしましたが、最終的にライバルの失格によってJN5クラス3位に繰り上がり、JN5クラスの2位と3位をプジョー車が占めることとなりました。

プジョー 208 R2ドライバーのコメント

柳澤宏至選手(ラリープラス・クスコレーシング・ラリーチーム)

JN5クラス2位(総合14位)

「ライバルのトラブルや後続の追い上げもありましたが、なんとか逃げ切って2位を獲得できました。初戦ということを考えれば、 本当に素晴らしい結果です。208 R2に慣れる必要がありましたが、開幕戦を無事に走り切ったことで、あらためてポテンシャルの高さを実感しています。プジョー・スポールという経験豊富なファクトリーで開発されたマシンですし、今後セッティングを煮詰めることで、さらに速くなると確信しています」 

プジョー・ジャポン

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ 全日本ラリー選手権
記事タイプ レースレポート