【全日本F3】横浜タイヤ、全日本F3へのタイヤ供給契約を3年延長

横浜タイヤは、全日本F3へのタイヤ供給契約を3年間延長したことを明らかにした。

 横浜ゴムは、全日本F3選手権へのタイヤ供給契約を2019年まで延長したことを発表した。

 全日本F3では、2011年から横浜タイヤのADVANレーシングタイヤを、コントロールタイヤとして採用してきた。現在の契約は今季限りとなっていたが、この度これが延長されることが決定。2017年から2019年までの3年契約が締結された。

 横浜ゴムが全日本F3に供給しているタイヤは、オレンジオイルを配合したドライ用のA005とウエット用のA006。グリップを維持しながら、環境性能を高めたという。サイズはフロントが200/50VR13、リヤが240/45VR13となっている。

 今季の全日本F3は、スーパーフォーミュラと併催されたSUGOラウンドで決着。TEAM TOM'Sの山下健太が、B-MAX Racing Team with NDDPのヤン・マーデンボローとの激しい戦いを制し、初のタイトルを獲得した。

【関連ニュース】

全日本F3チャンピオンの山下健太「最終戦のスタート前は特に緊張した」

山下健太が全日本F3の2016年チャンピオンに輝く

マカオGPエントリーリストが更新。ニコ・カリのシートがマイニへ

マカオGPエントリーリスト発表、日本人は4人出場!

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ 全日本F3
記事タイプ 速報ニュース