山下健太が全日本F3の2016年チャンピオンに輝く

TEAM TOM'Sの山下健太が、B-MAX Racing Team with NDDPのヤン・マーデンボローの追撃を振り切り、2016年チャンピオンに輝いた。

 全日本F3選手権最終戦が行われ、山下健太(TEAM TOM'S)が優勝。これにより、2016年のチャンピオン獲得を決めた。

 午前中に行われた第16戦で優勝した山下健太(TEAM TOM'S)がランキングトップ、わずか1ポイント差でヤン・マーデンボロー(B-MAX Racing Team with NDDP)が負う展開。このふたりのみがチャンピオンの可能性を残し、最終戦第17戦を迎えた。

 その山下がポールポジションから、マーデンボローが2番グリッドからスタート。山下は執拗にマーデンボローのラインを牽制し、トップで1コーナーに進入。2番手にマーデンボロー、3番手に山下のチームメイトである坪井翔が続く。

 3周目にNクラスの片山義章(Petit Lemans Racing)がフロントウイングを落とし、この影響で4コーナーでコースオフ。グラベルにはまってしまった。このマシンを撤去するために、コースにはセーフティカーが出動。隊列が一気に縮まる。

 7周目からレースは再スタート。先頭の山下は馬の背コーナーから加速し、絶好のリスタートを決める。若干出遅れたマーデンボローは、1コーナーで坪井の攻撃にさらされるも、なんとかこれを凌ぐ。

 山下は逃げていく展開に入るが、マーデンボローもそうはさせじと食らいつく。上位3人が、セクターごとに最速タイムを出し合う展開である。

 マーデンボローは一時山下まで0.9秒差にまで詰め寄ったが、その後はジリジリと引き離されていく。

 そして山下は、さらにマーデンボローとの差を広げていき、最終的には2.943秒の差をつけてトップチェッカー。山下は2016年の全日本F3チャンピオンを、見事優勝で決めてみせた。

 2位にはマーデンボローで、彼はランキングも2位。以下3位に坪井、4位に石川京侍(TODA Racing)、5位坂口晴南(HFDP Racing)、6位大津弘樹(HFDP Racing)の順でチェッカーを受けている。

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ 全日本F3
イベント名 第15・16・17戦SUGOラウンド
サーキット スポーツランドSUGO
ドライバー Kenta Yamashita
チーム TOM'S
記事タイプ 速報ニュース