小高が連勝。富士2連戦を完全制覇:FIA-F4選手権第4戦

FIA-F4選手権の第4戦が行われ、トムススピリットの小高一斗が優勝。第3戦に続き連勝を果たした。

 スーパーGTの決勝前に行われたFIA-F4選手権の第4戦。ポールポジションからスタートするのは、#50澤田真治(B-MAX RACING TEAM)である。

 澤田はスタートを決めて先頭をキープするが、後方からは3番手スタートの#37小高一斗(トムススピリット)が絶好の発進でチームメイトを交わし、先頭に迫る。早くも激戦の様相だ。

 小高はダンロップカーブでアウト側から澤田攻略にかかるが、これは澤田が阻止し、セクター3の勾配を登っていく。一方、後方では開幕2連勝の#88川端伸太朗(SUCCEED SPORTS)が#3浦田裕喜(SUTEKINA RACING TEAM)に追突してしまい、両者リタイアとなっている。川端はこれで連続リタイアだ。

 2周目の1コーナー、小高が澤田に追いつき、ついにオーバーテイクを決める。
レースペース自体は小高の方が勝っており、先頭に躍り出た小高は、順調に澤田との差を開いていく。

 2番手に下がった澤田は、今度はもう1台のトムススピリットのマシンの攻撃に曝されることになる。#36の宮田莉朋だ。澤田はなんとかこれを凌いでいたが、13周目のメインストレートで捉えられ、宮田が2番手に。これで、トムススピリットの1-2体制だ。

 小高はそのまま最後まで走り切り、トップチェッカー。2位には宮田が入り、澤田が3位に残った。小高は前日の第3戦に続き、富士連勝を果たした。

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ FIA-F4選手権
イベント名 第4戦
サブイベント 決勝レース
サーキット 富士スピードウェイ
記事タイプ レースレポート