「来年はトラブルを出し切って来る」トヨタ村田モータースポーツユニット開発部長に訊く

トラブルは過給圧のコントロールシステム

 トヨタの村田久武モータースポーツユニット開発部長に、まさかの結果に終わった今年のル・マン24時間レースについて訊いた。

「こんな幕切れがあるのかと本当に驚きました。先輩からゴール30分前に止まった時の話を聞いたことがありますが、今回はあと1周、4分足らずですからね。バスの中でコンピュータを見ていたらピットに降りてきてくれと呼ばれ、降りていったら突然一貴の叫び声が無線から聞こえた。クルマがゴールするまでコンピュータと睨めっこするのが僕らの役目なのに、呼ばれたから降りていって後悔した。どこにいてもトラブルは起きていたでしょうけどね」

「5号車のトラブルは、エンジンの過給圧をコントロールするシステムが働かなくなった。ターボか何か分かりませんが、データを見ても過給しなくなっている。事前にデータがおかしな数値を示したということもない。少なくとも寸前まではね。ただ、実車は今パルクフェルメに入れられているので、明日まで原因を突き止められない」

「とにかく今回の24時間レースはいろいろありすぎました。これがハッピーエンドならこれほど面白い話しはありませんけどね。雨は降るし、気温が低くてタイヤが発動しないし、コース外に飛び出すし、上手くいかないことはたくさんありましたが、すべてコントロール出来る状態でした」

「今回のトラブルは今まで経験したことがないことばかりだったので、我々の準備が足りなかったということですね。来年はトラブルをすべて出し切って来るようにしたい」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ Le Mans , WEC
イベント名 ル・マン24時間レース
サブイベント Sunday race
サーキット ル・マン
チーム Toyota Gazoo Racing
記事タイプ レースレポート