トヨタ、ル・マン24時間のストップ原因を発表

「ターボチャージャーとインタークーラーを繋ぐ吸気ダクト回りの不具合」が原因

 トヨタはリリースを発表し、ル・マン24時間レースの残り5分というところで、5号車トヨタTS050ハイブリッドを襲ったトラブルの内容を明らかにした。リリースによると、「ターボチャージャーとインタークーラーを繋ぐ吸気ダクト回りの不具合」が原因だったという。このトラブルが発生した要因については、現在ドイツ・ケルンのTMGで調査中としている。

 以下、リリースの全文である。

ル・マン24時間レース最終盤のストップ原因について

 ル・マン24時間レースの最終盤、TS050 HYBRID #5号車を襲ったトラブルは、ターボチャージャーとインタークーラーを繋ぐ吸気ダクト回りの不具合によるもので、これにより、ターボチャージャーの制御が失われた。 

 不具合発生時、原因が特定されていない段階で、低下したエンジン出力を回復させるべく制御系の設定変更が試みられた。結果的には#5号車はファイナルラップを走り切ることが出来る状態となったものの、その対応には時間がかかり、規定されている6分以内にファイナルラップを終えることが出来なかった。 

 このトラブルの真因については現在ドイツ・ケルンのトヨタ・モータースポーツ有限会社(TMG)にて詳細を調査中。 

 尚、今回の原因が、第2戦スパ6時間レースでのエンジントラブルとは無関係であることは明らかとなっている。 

 今後、同様のトラブルの再発防止のため、TMGで徹底的な原因究明調査を進めている。

【TOYOTA GAZOO Racing News】

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ Le Mans
イベント名 ル・マン24時間レース
サーキット ル・マン
チーム Toyota Gazoo Racing
記事タイプ 速報ニュース