中野信治のル・マン参戦。チームも正式発表

レースパフォーマンスは、ニコラス・ロートウィラーのチームメイトとして中野信治とジェームス・ウィンスローを迎え入れ、ル・マン24時間レースに参戦することを発表した。

レースパフォーマンスは、ニコラス・ロートウィラーのチームメイトとして中野信治とジェームス・ウィンスローを迎え入れ、ル・マン24時間レースに参戦することを発表した。

 スイスに本拠地を置くレースパフォーマンスは、アジアン・ル・マン・シリーズ(ALMS)を制し、ル・マン24時間レース本戦への出場権を手にした。同チームはヨーロピアン・ル・マン・シリーズ(ELMS)にも参戦しており、今季開幕戦であるシルバーストン6時間レースでは6位に入賞。そして今週末に行われるイモラ4時間レースでは、中野もドライブする予定だ。

 ウィンスローは、2014年に1度、グリーブス・モータースポーツからル・マンに参戦した経験を持つ。

「レースパフォーマンスと共に戦う今年のル・マン24時間レースが、待ちきれないよ!」

「ル・マンのような素晴らしいレースで成功を収めるためには、素晴らしいチームである必要がある。それは、まさにレースパフォーマンスが持っているものだ」

 一方、今回の発表に際し中野は、「僕にとって9回目のル・マン挑戦となります。レースパフォーマンスのようなチーム信頼性の高いチームで参戦することができ、本当に嬉しい」

「ジェイミー(ウインスロー)とドライブするのは、今回のイモラが最初の機会です。彼のドライビングスタイルを見るのが、本当に楽しみだ。いつものように、LMP2クラスは激しいたたかいになると思う。でも、素晴らしい結果を得るために、チームとともに働くことに、興奮しています」

 なお中野はチームの発表に先立ち、ル・マン参戦決定を4月に明らかにし、下記のようにコメントを寄せていた。

「昨年末からチームとは交渉を始めていました。昨年のアジアン・ル・マン・シリーズでのシリーズチャンピオン獲得が、今回のル・マン24時間参戦への足がかりになったと思います。今年のパッケージでの戦いは正直厳しいものになることが予想されますが、ル・マンは24時間の耐久レース。最後まで何が起きるかわからないですし、これまでのレース経験を十分活かしてクラス優勝を狙いにいきます」

「僕をサポートして下さっている沢山の仲間達への感謝の気持ちを抱きつつ、全力で戦いたいと思います。応援よろしくお願い致します!」

 また、イモラに向けて旅立つ旨を、ツイッターに投稿している。

 

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ Le Mans , European Le Mans
ドライバー James Winslow , Shinji Nakano
チーム レース・パフォーマンス
記事タイプ 速報ニュース