中上貴晶「トップと僅差の2番手で締めくくれたのは悪くない」

【Honda Team Asia Press Release】中上貴晶がイギリスGP初日に総合2番手

Rd12 イギリスGP/シルバーストーンサーキット: 2016年9月2日(金)


コンディション:ドライ-ウェット
気温: 18℃  路面: 18℃

 2016年第12戦イギリスGPがシルバーストーンサーキットで始まった。Moto2クラスはウィーク初日の金曜にFP1とFP2の2回のセッションを行い、IDEMITSU Honda Team Asiaの中上貴晶が初日2番手につけた。チームメイトのラタパー・ウィライローは総合21番手タイムを記録した。

 ポールポジションと表彰台を経験している相性の良いコースで、中上はFP1の序盤から好調な走りを披露した。しかし、セッション半ばに降雨があり、中途半端に濡れた路面の様子を見るため、中上とウィライローを含む大半の選手が、このセッションは以後の走行を見合わせた。

 午後のFP2も午前と同様のコンディションになり、セッション後半は雨で走行を見合わせることになったが、中上は2分08秒595で総合2番手。ウィライローもこのFP2で大幅にラップタイムを改善し、ベストタイムを2分10秒952とした。

 3回目の走行となる明日のFP3は、現地時間午前10時55分(日本時間午後6時55分)にスタートする。

中上貴晶(2nd, 2’08.595, +0.167)
「少ない周回数のなかでそんなにプッシュできなかったが、それでもトップと僅差の2番手で一日を締めくくれたのは悪くないと思う。ここは天候が不安定なので、日曜日の決勝レースがどのようなコンディションになっても翻弄されないように、明日はさらにしっかりと準備を進めてゆきたい」

ラタパー・ウィライロー(21th, 2’10.952, +2.524)
「今日の走行時間は短かったが、明日以降の走行に向けて良い方向性を見つけ、有用な情報も収集できた。シルバーストーンを走るのは2012年以来なので、明日はもっとうまく走れるラインを探りたい」

岡田忠之:チーム監督
「今日は条件が整わず、両選手とも不完全燃焼になったが、その状況でもそれぞれポジションは良いところにいるので、手応えは掴んでくれていると思う。中上は初日から上位をキープできているので、明日もこの調子でがんばってくれるだろう。ラタパーは久々の走行にもかかわらずこの位置につけているので、さらにもっと貪欲に上位を目指してほしい」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ Moto2
イベント名 Silverstone
サブイベント Friday practice
サーキット シルバーストン
ドライバー Takaaki Nakagami
記事タイプ フリー走行レポート