Moto2オーストラリア決勝:最後は”タイヤひとつ分”の激戦で、ルティが連勝。中上痛みに耐え5位

Moto2オーストラリアGPの決勝レースが行われ、トーマス・ルティが優勝を果たした

 前日までの荒天からは打って変り、MotoGPオーストラリアGPの舞台であるフィリップ・アイランドは青空に包まれている。Moto2クラスの決勝スタート時の気温は12.7℃と少々低めながら、過ごしやすいコンディションと言えるだろう。前日の予選で転倒した際に肩を脱臼した中上貴晶は(IDEMITSU Honda Team Asia)、元気にグリッド上に姿を見せている。

 シグナルがブラックアウトし、各車が一斉にスタート。ポールポジションのトーマス・ルティ(Garage Plus Interwetten)がホールショットを奪い、マティア・パッシーニ(Italtrans Racing Team)が2番手を得る。もてぎでトラブルに遭いながらもなんとかこのGPに出走を果たしたレニー・ガードナー(Tasca Racing Scuderia Moto2)は、1周目にハフィス・シャヒン(Petronas Raceline Malaysia)と接触。転倒してしまう。中上はスタート位置から若干ポジションを落とすが、なんとかすぐに回復して見せている。

 2周目には後方を走っていたサム・ローズ(Federal Oil Gresini Moto2)が転倒。レースを諦める。

 先頭争いは熾烈。フランコ・モルビデリ(Estrella Galicia 0,0 Marc VDS)がパッシーニを交わして2番手に浮上すると、その勢いのままルティも交わして首位に。パッシーニもルティを交わすが、そうはさせじとルティがこれを抜き返す。

 モビルデリがこのまま逃げていくかと思われたが、ルティが再び追いつき、5周目にはこれをオーバーテイク。先頭に復帰する。しかしモルビデリはこれを諦めず、テール・トゥ・ノーズの状態で食らいついていく。

 後方では中上が順調に順位を上げていく。5周目には9番手、6周目には7番手まで浮上。7周目にはタイトルを争うアレックス・リンス(Paginas Amarillas HP 40)後方に追いつく。しかし、そのリンスが転倒。コーナーをオーバーランしてしまったのだ。リンスはこれでレースを諦めてしまう。一方、中上はこれで労せずして6番手に浮上する。

 ルティ、モルビデリ、パッシーニの3台は快調なペースで飛ばし、先頭グループを形成し4番手以下を引き離していく。4番手争いはジョナス・フォルガー(Dynavolt Intact GP)とロレンソ・バルダッサーリ(Forward Team)の接近戦。その後方で中上がサンドロ・コルテセ(Dynavolt Intact GP)とシモーネ・コルシ(Speed Up Racing)と共に6番手グループでまとまっている。

 中上はフォルガーを抜いたもののコルテセに抜かれて6番手キープとなっていたが、13周目にコルテセを交わして5番手に浮上。ただコルテセも速く、ふたりは抜きつ抜かれつの激しいバトルを展開していく。

 残り9周というところで、トップの3台に4番手バルダッサーリが急接近。さらにその後方からコルテセも近づき、トップ集団は5台の大集団となっていく。さらにここに中上も近づいてくる。20周目、コルテセがバルダッサーリを交わして4番手に浮上した。

Takaaki Nakagami, Honda Team Asia
Takaaki Nakagami, Honda Team Asia

Photo by: Gold and Goose Photography

  残り5周、ルティが5台の集団を率いて先頭をキープしていく。中上は上位5台と同じペースで走るが、その差をなかなか詰めていくことができない。残り2周でコルテセがパッシーニを交わしてついに3番手に浮上。抜かれてしまったパッシーニは、その直後にターン4で転倒。せっかくの好ポジションをフイにしてしまう。

 残り2周、モルビデリがルティを抜いてついに先頭に立つ。これに、コルテセも近づいて、3台によるラスト1周の激しい優勝争いになった。

 最終ラップ、ルティは諦めずにモルビデリの隙を狙っていくが、なかなか抜くことができない。そして最終コーナーを立ち上がり、モルビデリが優勝かと思われた。しかし、この立ち上がりでモルビデリのリヤが僅かに揺れる。ルティはスリップストリームに入り、急加速。そして2台は並んだままチェッカー……最後はルティが僅かに前に出て、もてぎに続く連勝を果たした。ふたりの最終的な差は0.010秒。フロントタイヤひとつ分の差であった。

 3位には追い上げたコルテセ、4位にバルダッサーリ、5位には肩の痛みをこらえて決勝に出走した中上が入った。

 このレースの結果、ルティが獲得ポイントを204まで伸ばし、リタイアしたリンスを抜いてランキング2位に浮上。ランキング首位のヨハン・ザルコ(Ajo Motorsport)が12位に終わったため、ザルコとルティのポイント差は18ポイントとなった。今季残りは2戦。激しいタイトル争いは続いていく。

Moto2オーストラリアGP決勝結果
Cla ドライバーバイクLaps時間ギャップインターバルkm/hリタイアポイント
1   12   Thomas Luthi  Kalex 0 39'15.891         25
2   21   Franco Morbidelli  Kalex 0 39'15.901         20
3   11   Sandro Cortese  Kalex 0 39'16.421         16
4   7   Lorenzo Baldassari Kalex 0 39'18.972         13
5   30   Takaaki Nakagami  Kalex 0 39'19.706         11
6   94   Jonas Folger  Kalex 0 39'26.978         10
7   24   Simone Corsi  Speed Up 0 39'29.182         9
8   49   Axel Pons  Kalex 0 39'32.302         8
9   23   Marcel Schrötter  Kalex 0 39'33.541         7
10   97   Xavi Vierge  Tech 3 0 39'33.556         6
11   19   Xavier Simeon  Speed Up 0 39'33.653         5
12   5   Johann Zarco  Kalex 0 39'33.687         4
13   2   Jesko Raffin  Kalex 0 39'47.466         3
14   57   Edgar Pons  Kalex 0 39'50.561         2
15   14   Ratthapark Wilairot Kalex 0 39'56.345         1
16   10   Luca Marini  Kalex 0 40'03.598          
17   70   Robin Mulhauser  Kalex 0 40'50.361          
18   93   Ramdan Rosli  Kalex 0 39'26.190          
  dnf 20   Alessandro Nocco  Kalex 0 38'11.544       リタイア  
  dnf 54   Mattia Pasini  Kalex 0 34'34.627       リタイア  
  dnf 52   Danny Kent  Kalex 0 35'05.193       リタイア  
  dnf 87   Remy Gardner  Kalex 0 21'50.867       リタイア  
  dnf 60   Julian Simon  Speed Up 0 14'21.367       リタイア  
  dnf 27 Iker Lecuona  Kalex 0 14'36.321       リタイア  
  dnf 40   Alex Rins  Kalex 0 9'33.844       リタイア  
  dnf 22   Sam Lowes  Kalex 0 3'16.300       リタイア  
  dnf 55   Hafizh Syahrin  Kalex 0         リタイア  

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ Moto2
イベント名 Phillip Island
サーキット フィリップアイランド・グランプリ・サーキット
ドライバー Takaaki Nakagami , Thomas Luthi
記事タイプ レースレポート