【Moto2】中上貴晶「最低限の仕事はできたが、喜べるものではない。来年こそチャンピオンを」

【IDEMITSU Honda Team Asia】中上貴晶がバレンシアGPで6位フィニッシュ

Rd18 バレンシアGP/バレンシアサーキット:2016年11月13日(日)

コンディション:ドライ
気温:20℃ 路面:25℃

 第18戦バレンシアGPの決勝レースで、IDEMITSU Honda Team Asiaの中上貴晶は6位フィニッシュ。シーズン最終戦を粘りの走りで戦い抜き、苦しい中でも最大限の結果を残して27周の戦いを走りきった。

 3列目9番グリッドからスタートした中上は、レース序盤でポジションを13番手まで落としたが、安定したペースで追い上げを続け、着実にポジションを回復していった。6位に入って10ポイントを獲得したことにより、中上は年間ランキングを6位として2016年シーズンを締めくくった。

 チームメイトのラタパー・ウィライローは、25番手スタートから少しずつ順位を上げて、トップ20圏内でフィニッシュ。持ち味の粘りと頑張りで最後まで走り抜いてチェッカーフラッグを受けた。

中上貴晶(6th)
「年間ランキングを6位で締めくくったので、最低限の仕事はできたと思うが、今日のレース内容と結果に関しては、決して喜べるものではなかった。序盤から我慢のレースで、少しずつ追い上げて6番手でゴールするのが精一杯だった。週明け早々に来シーズンに向けたテストが始まるので、来年こそチャンピオンを獲得するためにチームと力を合わせて取り組んでゆきたい」

ラタパー・ウィライロー (20th)
「フロントは安心感があったが、リアがコーナー進入でスライドするので、ラインを維持するためにブレーキを早めにリリースする必要があった。とはいえ、バイクの仕上がりは総じて満足のいく内容で、良いレースをできたと思う。今シーズンは、とても多くのことを学べた一年で、チームの皆に感謝をしている。今年の経験を今後の自分の活動に活かしたい」

岡田忠之:チーム監督
「中上は、残念ながら表彰台を獲れなかったが、追い上げのレースで6位に入ることができた。来年こそチャンピオンを獲得するために、週明けのヘレステストから全力で取り組み、万全の準備を整えたい。ラタパーは、レース中盤で追い上げを見せて20位でゴールできた。今年はシーズン中に負傷などもあって厳しい一年だったが、今年の経験を活かして今後のレース活動でアジアのレベル向上に貢献をしてほしい」

【IDEMITSU Honda Team Asia】

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ Moto2
イベント名 Valencia
サーキット バレンシア・サーキット-リカルド・トレモ
ドライバー Takaaki Nakagami
チーム 出光ホンダ・チーム・アジア
記事タイプ 速報ニュース