【Moto2バレンシア】大激戦を制して、16年王者ザルコが貫禄勝利。中上6位フィニッシュ

Moro2最終戦が行われ、ザルコがモルビデリとの序盤の激戦を制して優勝。中上貴晶が6位でゴールした。

 Moto2の最終戦バレンシアの決勝レースが行われ、ポールポジションからスタートしたヨハン・ザルコ(Ajo Motorsport)がフランコ・モルビデリ(Estrella Galicia 0,0 Marc VDS)との激戦を制して優勝。自身のMoto2最終レースに花を添えた。中上貴晶(出光ホンダ・チーム・アジア)は序盤ポジションを大きく落としたが挽回し、6位でフィニッシュした。

 PPスタートのザルコはホールショットを決め、その後方にモルビデリ、トーマス・ルティ(Garage Plus Interwetten)と続いていく。9番手スタートの中上貴晶は11番手までポジションを落とした。

 2周目、モルビデリが一気にザルコのインを刺して先頭を奪うも、ザルコはそうはさせじと一気にポジションを奪い返す。3周目も2人は抜きつ抜かれつの激しいバトル。そうこうしているうちにアレックス・リンス(Paginas Amarillas HP 40)もこの集団に加わり、モルビデリの一瞬の隙をついて2番手に上がる。リンスは4周目にザルコを抜くが、ザルコがこれを抜き返すと、今度はモルビデリがその隙を突き、一気に先頭を奪う。ただ、再びザルコがこれオーバーテイク。レース序盤から、実に激しいバトルが繰り広げられていく。上位が激しいバトルをしていることもあってペースが上がらず、後方まで数珠繋ぎの状況だ。

 しかし5周を過ぎた頃からザルコとモルビデリが抜け出し、リンスを抜いたルティとそれ以下を引き離していく。

 10周目、ザルコにテール・トゥ・ノーズで食らいついていたモルビデリが、ここぞとばかりにオーバーテイクを仕掛け、首位を奪う。しかしザルコも意地でこれを阻止。そうなると彼らのペースは落ち、後方のルティ、リンスが再び近づいてきた。

 11周目にモルビデリがついにザルコを抜き、先頭をキープしていく。ただ逃げに転じることはできず、ザルコはこれについていき、ルティ、リンスの4台が等間隔で並んだ。レースは一旦落ち着きを見せた。

 16周目、モルビデリがコーナーで膨らんだ隙を見逃さず、ザルコが再び首位に返り咲く。

 19周目、ザルコはファステストラップを記録し、ラストスパートに入る。モルビデリはこれになんとかくらいついていくものの、ルティとリンスは少しずつ二人に離されていく。

 ただ、ザルコのペースはかなり速く、モルビデリもジリジリと引き離されていく。22周目の段階では、その差は1秒以上に広がった。

 ザルコに離されてしまったモルビデリのペースは、レース終盤に向けて落ちてしまい、ルティの接近を許してしまう。そして最終ラップでルティがオーバーテイク。2番手が入れ替わる。4番手リンスの後方からはサム・ロウズ(Federal Oil Gresini Moto2)が急接近。そして最終ラップの最終コーナーでリンスを交わし、4位を奪いとった。

 結局ザルコは、2位ルティに3.2秒の差をつけてトップチェッカー。以下ルティ、モルビデリ、ロウズ、リンスの順でのフィニッシュとなった。

 スタートがうまくいかず、一時13番手まで落とすことになった中上は、着実にポジションを上げていき、18周目に8番手に浮上。さらに翌周には7番手まで上がった。25周目に6番手を走っていたジュリアン・シモン(QMMF Racing Team)が転倒したことで6番手に浮上。そのまま最終戦を走りきった。

【関連ニュース】

中上「ペースをあと0.2秒上げればレースで戦える」:バレンシア予選

Moto2バレンシア予選:超接近戦の予選を制したのはザルコ! 中上は9番手

青山博一”もうひとつの役割”。アジア&オセアニアを世界と繋ぐ

Moto2 2016 バレンシア決勝結果
Cla ドライバーバイクLaps時間ギャップインターバルkm/hリタイアポイント
1   5   Johann Zarco  Kalex 27 43'17.626     149.8   25
2   12   Thomas Luthi  Kalex 27 43'20.907 3.281 3.281 149.6   20
3   21   Franco Morbidelli  Kalex 27 43'22.607 4.981 1.700 149.5   16
4   22   Sam Lowes  Kalex 27 43'23.262 5.636 0.655 149.5   13
5   40   Alex Rins  Kalex 27 43'23.476 5.850 0.214 149.5   11
6   30   Takaaki Nakagami  Kalex 27 43'29.231 11.605 5.755 149.1   10
7   54   Mattia Pasini  Kalex 27 43'34.017 16.391 4.786 148.9   9
8   94   Jonas Folger  Kalex 27 43'34.590 16.964 0.573 148.8   8
9   52   Danny Kent  Kalex 27 43'35.077 17.451 0.487 148.8   7
10   23   Marcel Schrötter  Kalex 27 43'35.294 17.668 0.217 148.8   6
11   24   Simone Corsi  Speed Up 27 43'38.081 20.455 2.787 148.6   5
12   97   Xavi Vierge  Tech 3 27 43'38.537 20.911 0.456 148.6   4
13   44   Miguel Oliveira  Kalex 27 43'39.276 21.650 0.739 148.6   3
14   7   Lorenzo Baldassari Kalex 27 43'40.207 22.581 0.931 148.5   2
15   55   Hafizh Syahrin  Kalex 27 43'41.360 23.734 1.153 148.5   1
16   19   Xavier Simeon  Speed Up 27 43'43.954 26.328 2.594 148.3    
17   2   Jesko Raffin  Kalex 27 43'47.047 29.421 3.093 148.1    
18   87   Remy Gardner  Kalex 27 43'47.293 29.667 0.246 148.1    
19   57   Edgar Pons  Kalex 27 43'47.375 29.749 0.082 148.1    
20   14   Ratthapark Wilairot Kalex 27 43'56.915 39.289 9.540 147.6    
21   70   Robin Mulhauser  Kalex 27 44'00.731 43.105 3.816 147.4    
22   10   Luca Marini  Kalex 27 44'01.158 43.532 0.427 147.3    
23   60   Julian Simon  Speed Up 27 44'08.897 51.271 7.739 146.9    
24   27 Iker Lecuona  Kalex 27 44'14.243 56.617 5.346 146.6    
  dnf 73   Alex Marquez  Kalex 17 27'40.514 10 laps  10 laps  147.6 リタイア  
  dnf 32   Isaac Viñales  Tech 3 10 16'34.737 17 laps  7 laps  144.9 リタイア  
  dnf 42   Federico Fuligni  Kalex 5 8'57.622 22 laps  5 laps  134.0 リタイア  
  dnf 11   Sandro Cortese  Kalex 4 6'33.776 23 laps  1 lap  146.4 Accident  
  dnf 49   Axel Pons  Kalex 4 6'36.609 23 laps  2.833 145.4 Accident  
  dnf 16   Hugo Clere  TransFIORmers 4 7'04.109 23 laps  27.500 135.9 リタイア  

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ Moto2
イベント名 Valencia
サーキット バレンシア・サーキット-リカルド・トレモ
記事タイプ レースレポート