中上貴晶「鎮痛剤を服んで臨んだが、最後の10周は痛みが強くて無理できなかった」:Moto2オーストラリア決勝

【IDEMITSU Honda Team Asia】中上貴晶がオーストラリアGPで5位フィニッシュ

Rd.16オーストラリアGP/フィリップアイランドサーキット:2016年10月23日(日)

コンディション:ドライ
気温:12℃  路面:34℃

 第16戦オーストラリアGPの決勝レースで、IDEMITSU Honda Team Asiaの中上貴晶は右肩の負傷を思わせない力強い走りで5位フィニッシュを果たした。

 決勝日の天候は、この週末で最も良好なドライコンディションになった。

 昨日の予選で転倒して右肩を脱臼し、4列目12番グリッドからスタートした中上は、1周目で14番手まで下げた。しかし、そこから次々とオーバーテイクを続けて、最後はトップグループを射程圏内に収める位置まで順位を回復し、最後まで勇敢な走りで貴重な10ポイントを獲得した。

 17番グリッドからスタートしたチームメイトのラタパー・ウィライローは、安定感の高い走りを続けて、ポイント圏内の15位でチェッカーフラッグを受けた。

中上貴晶(5th)
「午前のウォームアップでもリズムよく走れたので、自信を持ってレースに臨むことができた。決勝は鎮痛剤を服んで臨んだが、 25周のレースはとても長く、終盤の10周は痛みが強くて無理をできない状態だった。それでもベストを尽くしてトップ争いの見える5位でゴールできたのは、ポジティブな結果だったと思う。来週の第17戦まであまり時間が無いが、体を休めて回復に専念し、少しでも良い状態でマレーシアのレースに臨みたい」

ラタパー・ウィライロー (15th)
「今週は天候に翻弄されて難しいコンディションだったが、決勝では当初の目標にしていたトップ15を達成し、ポイントを獲得できたのは良かった。しかし、僕たちはもっと高いリザルトを目指せる力があると思う。マレーシアGPは母国のタイに近く、大勢の人たちが応援に来てくれるので、がんばって今回よりも良いリザルトを獲得したい」

岡田忠之:チーム監督
「中上は、レース終盤にペースを維持することが厳しかったようだが、あの体調を考えれば、本当によくがんばって走ってくれたと思う。本来の調子は悪くないので、次のマレーシアまで少し肩を休め、次はぜひ表彰台を狙ってほしい。ラタパーは、ポイント圏内でゴールしたが、本人はこの結果に納得していない。貪欲な心構えはとてもよいことだと思うので、この悔しさを次のマレーシアにぶつけて、全力でがんばってほしい」

【IDEMITSU Honda Team Asia】

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ Moto2
イベント名 Phillip Island
サーキット フィリップアイランド・グランプリ・サーキット
ドライバー Takaaki Nakagami
チーム 出光ホンダ・チーム・アジア
記事タイプ 速報ニュース