Moto3:佐々木歩夢、バスティアニーニの代役でセパン出場決定

レッドブル・ルーキーズ・カップの2016年チャンピオン、佐々木歩夢が負傷したバスティアニーニの代役として、セパンでのレースに出場する。

 フィリップアイランドでのレースで負傷したエネア・バスティアニーニGRESINI RACING Moto3の代役として、チームは2016年のレッドブル・ルーキーズ・カップのチャンピオン、佐々木歩夢をセパンでのレースで起用することを決定した。

 バスティアニーニは、すでにチャンピオンを確定させたブラッド・ビンダーに次ぐ、Moto3クラスのランキング2位につけているが、フィリップアイランドで行われたレースで起きた、4台が絡むクラッシュに巻き込まれてしまった。

 インシデントの中で、ホルヘ・ナバッロESTRELLA GALICIA 0,0のバイクに轢かれてしまう形となったバスティアニーニは、第9椎骨と肋骨にひびが入ってしまった。

 16歳の佐々木は来季、SIC・レーシング・チームと契約し、Moto3クラスにフル参戦することになっており、セパンで一足早くMoto3クラスデビューを飾ることになる。

関連

Moto3オーストラリア決勝:ビンダー優勝。大波乱のサバイバルレースもどこ吹く風

Moto3:マクフィー、今季残り全レース欠場へ。バスティアニーニも次戦欠場濃厚

全日本選手権未経験、異色の日本人Moto3ライダー鈴木竜生。難条件フィリップアイランドで躍動

尾野弘樹「集団の中で最後までチャンスを狙っていた」:Moto3オーストラリア決勝

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ Moto3
ドライバー Enea Bastianini , Ayumu Sasaki
チーム Gresini Racing
記事タイプ 速報ニュース