【Moto3バレンシア】決勝:王者ビンダー、貫禄のオーバーテイクショー。大逆転で優勝

最終戦バレンシア、Moto3クラスの優勝を飾ったのは後方から追い上げた、ブラッド・ビンダーだった。

 最終戦バレンシアのMoto3クラス決勝が行われ、ブラッド・ビンダー(RED BULL KTM AJO)が優勝を果たした。

 バレンシアは気温19度、路面温度19度。快晴の中24周のレースがスタートした。

 ホールショットを決めたのは、抜群のスタートを決めた3番グリッドスタートの尾野弘樹(HONDA TEAM ASIA)。ポールのアロン・カネット(ESTRELLA GALICIA 0,0)はスタート前にエンジンが止まってしまい、ピットからのスタートとなった。

 しかし、尾野はエネア・バスティアニーニ(GRESINI RACING Moto3)にかわされ、ビンダー、ジョアン・ミル(LEOPARD RACING)にも前を行かれて4番手で1周目を終えた。

 ビンダーは2周目にハイサイドを起こしかけ、26番手付近までポジションを落とした。

 残り21周の時点で、トップのミルが少し抜け出し、バスティアニーニ、ファビオ・ギャナントニオ(GRESINI RACING Moto3)、アンドレア・ミーニョ(SKY RACING TEAM VR46)という3台による2番手争い。

 尾野はさらにポジションを落とし、集団に飲み込まれた。残り18周時点で追い上げを見せるビンダーがペースの上がらない尾野を抜き、11番手までポジションを上げた。

 ペースの上がらない尾野は、ポイント圏外までポジションを落としてしまう。トップの4台もペースが良いわけではなく、先頭集団は9台ほどの数珠繋ぎとなり、その中でペースのいいビンダーがオーバーテイクを決め、ポジションを上げていった。残り4周の時点までにトップ4台を攻略したビンダーは、ついにトップに立った。

 しかし、タイヤに無理を強いてきたビンダーは後続を引き離すことができず、ラインを外し4番手までポジションを落とした。それでも王者は諦めず、最終ラップのターン1までに再びトップに。最終ラップをトップで周りきり、今季7勝目を達成した。

 尾野は結局21番手でフィニッシュ。鈴木竜生(CIP-Unicom Starker)は18番手でレースを終えている。

【関連ニュース】

【Moto3バレンシア】予選:尾野がフロントロウ獲得。ポールポジションはカネット

3クラス合計”1000”クラッシュ突破。GPクラスの転倒増で史上初……

青山博一”もうひとつの役割”。アジア&オセアニアを世界と繋ぐ

Moto3 2016 バレンシア決勝結果

Cla #ドライバーバイクLaps時間ギャップインターバルkm/hリタイアポイント
1   41  Brad Binder  KTM 24 40'13.777     143.3   25
2   36  Joan Mir  KTM 24 40'13.833 0.056 0.056 143.3   20
3   16  Andrea Migno  KTM 24 40'13.858 0.081 0.025 143.3   16
4   33  Enea Bastianini  Honda 24 40'13.924 0.147 0.066 143.3   13
5   4  Fabio Di Giannantonio Honda 24 40'14.490 0.713 0.566 143.3   11
6   58  Juanfran Guevara  KTM 24 40'14.676 0.899 0.186 143.3   10
7   84  Jakub Kornfeil  Honda 24 40'16.460 2.683 1.784 143.1   9
8   65  Philipp Oettl  KTM 24 40'16.922 3.145 0.462 143.1   8
9   9  Jorge Navarro  Honda 24 40'19.040 5.263 2.118 143.0   7
10   88  Jorge Martin  Mahindra 24 40'21.698 7.921 2.658 142.8   6
11   31  Raul Fernandez  KTM 24 40'21.858 8.081 0.160 142.8   5
12   40  Darryn Binder  Mahindra 24 40'22.027 8.250 0.169 142.8   4
13   64  Bo Bendsneyder  KTM 24 40'22.380 8.603 0.353 142.8   3
14   20  Fabio Quartararo  KTM 24 40'23.060 9.283 0.680 142.8   2
15   11  Livio Loi  Honda 24 40'23.135 9.358 0.075 142.8   1
16   23  Niccolò Antonelli  Honda 24 40'23.304 9.527 0.169 142.7    
17   8  Nicolo Bulega  KTM 24 40'23.429 9.652 0.125 142.7    
18   24  Tatsuki Suzuki  Mahindra 24 40'23.727 9.950 0.298 142.7    
19   44  Aron Canet  Honda 24 40'30.615 16.838 6.888 142.3    
20   55  Andrea Locatelli  KTM 24 40'32.489 18.712 1.874 142.2    
21   76  Hiroki Ono  Honda 24 40'32.514 18.737 0.025 142.2    
22   98  Karel Hanika  KTM 24 40'32.753 18.976 0.239 142.2    
23   63  Vicente Perez  Peugeot 24 40'32.816 19.039 0.063 142.2    
24   12  Albert Arenas  Peugeot 24 40'38.074 24.297 5.258 141.9    
25   89  Khairul Pawi  Honda 24 40'38.303 24.526 0.229 141.9    
26   95  Jules Danilo  Honda 24 40'39.108 25.331 0.805 141.8    
27   7  Adam Norrodin  Honda 24 40'39.147 25.370 0.039 141.8    
28   77  Lorenzo Petrarca  Mahindra 24 41'02.606 48.829 23.459 140.5    
29   26  Daniel Saez  KTM 24 41'02.638 48.861 0.032 140.5    
30   99  Enzo Boulom  Mahindra 24 41'03.059 49.282 0.421 140.4    
31   43  Stefano Valtulini  Mahindra 24 41'26.186 1'12.409 23.127 139.1    
  dnf 42  Marcos Ramirez  Mahindra 7 12'09.739 17 laps 17 laps 138.3 リタイア  
  dnf 48  Lorenzo dalla Porta  KTM 3 5'10.070 21 laps 4 laps 139.4 Accident  
  dnf 19  Gabriel Rodrigo  KTM 0         Accident  
  dnf 21  Francesco Bagnaia  Mahindra 0         Accident
 

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ Moto3
イベント名 Valencia
サーキット バレンシア・サーキット-リカルド・トレモ
記事タイプ レースレポート