尾野弘樹「明日は後方から追い上げて、ポイント獲得を目指したい」:Moto3オーストラリア

【Honda Team Asia Press Release】ほぼ初のドライセッションとなった予選。パウイは6列目、尾野は10列目からレースに挑む。

Rd16 オーストラリアGP/フィリップアイランドサーキット:20161022日(土) 

コンディション:ドライ

気温:13  路面:24

 土曜午後135分(日本時間午前1135分)から40分間で争われた第16戦オーストラリアGPMoto3クラス予選で、Honda Team Asiaのカイルール・イダム・パウイは、139589のタイムを記録した。明日の決勝レースは、6列目18番グリッドからスタートする。チームメイトの尾野弘樹は予選の最後に転倒を喫してしまい、10列目29番グリッド。自己ベストタイムは140537だった。

 土曜日のフィリップアイランドサーキットは相変わらずの寒さに覆われる一日になった。昨日同様のウェットコンディション下で行われた午前のFP3で、両選手はともにセットアップとフィーリングを着実に前進させ、このセッションの順位は尾野が9番手、パウイは14番手とした。

 午後の予選は序盤に雨が降ったものの、最後はこのレースウィークで初めてのドライコンディションになった。パウイはポールポジションと1.893秒差、尾野は予選最後に転倒を喫したために充分なタイムアタックをできなかった。両名とも、明朝のウォームアップではドライ用のセットアップに磨きをかける予定だ。

 明日は、現地時間午前10 40分から20分のウォームアップ走行を実施。23周で争う決勝レースは、午後1時にスタートする。

カイルール・イダム・パウイ (18th, 139.589, +1.893)

FP3も雨で難しいコンディションだった。午後の予選は走行開始と同時に雨が降ってきたが、路面が乾いてくるとスリックタイヤに履き替えてコースへ出た。ドライでこのコースを走るのは初体験で、ここまでの強風にも慣れていないので上手く走るのが難しかった。明日のウォームアップでは、さらにセットアップを試して決勝レースに備えたい 

尾野弘樹(29th, 140.537,  +2.841)

「予選で雨が降ったときにウェット用のセットアップに戻し、そのセッティングのまま、タイヤをスリックに履き替えて走ることになった。高速コーナーの立ち上がりで振られてしまう傾向なので、そこを改善したい。明日は低いグリッド順からのスタートになるが追い上げてポイント獲得を目指したい」

岡田忠之-チーム監督

「今週末はコンディションがほぼウェットで推移し、予選がほぼ初めてのドライセッションになったが、初のドライ走行で18番グリッドを獲得したパウイはよくがんばったと思う。尾野はセッション最後に転倒して29番に下がってしまったのは残念だが、明日のコンディションはドライになりそうなので、がんばって追い上げ、次のマレーシアにつながる良いレースをしてほしい 

【Honda Team Asia Press Release】

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ Moto3 , MotoGP
イベント名 Phillip Island
サーキット フィリップアイランド・グランプリ・サーキット
記事タイプ 予選レポート