ヘイデンの代役起用に驚いた地元のミラー。「青山博一が乗ると思っていた」

ミラーは、彼の地元であるオーストラリアで、自身がペドロサの代役として出場することについて、少しも考えなかったと語った。

 ホンダのダニ・ペドロサは、日本GPのフリー走行で転倒し、鎖骨を骨折。週末のオーストラリアでのレースと、その翌週のマレーシアを欠場することが決定した。

 ホンダのサテライトチームであるMarc VDSのジャック・ミラーが、地元であるフィリップアイランドのレースで、ペドロサの代役を務めることになるのではないかという予想があった。しかし実際には、ニッキー・ヘイデンが代役としてオーストラリアGPに出場することが判明した。

 motorsport.comがミラーに、短期的なワークスチームへの昇格について、実際に話し合いはあったのかと尋ねると、彼はそのことについて、本当に考えもしていなかったと語った。

「僕は、僕のチームとすべてをともにしてきた。だから、僕は自分のバイクの準備をすることだけに集中している」と彼は語った。

「本当に少しも、(自身の代役出場について)考えなかったんだ」

 ミラーは、日本GPに続いてオーストラリアでも、青山博一がペドロサの代役出場をすると考えており、ヘイデンの起用に驚いたと認めたが、週末のフィリップアイランドのパドックに、ヘイデンがいることは素晴らしいことだと付け加えた。

「正直に言って、青山がまたバイクに乗ると思っていた。でも、ヘイデンが戻ってくると聞いてハッピーだ」とミラーは語った。

「ご存じの通り、パドックのみんなは、彼のことが大好きなんだと思う。彼は素晴らしい人格の持ち主なんだ。週末は面白くなるはずだ。フィリップアイランドのトラックは左回りで、ニッキーは左回りのサーキットが大好物だからね。どうなるか見てみよう」

 もてぎでチャンピオンを獲得したばかりのマルク・マルケスも、ミラーの考えに同意し、ホンダのファクトリーチームでヘイデンと一緒に働くことが楽しみだと語った。

「素晴らしいことだね。僕がニッキーと初めて会ったのは2008年なんだ。僕は15歳だった」とマルケスは語った。

「それが今ではチームメイトだよ。1レースだけだとしても、彼もワールドチャンピオンだし、本当に素晴らしいことだ」

「ニッキーはフレンドリーな人だし、僕はアメリカのスタイルが好きなんだ」

関連ニュース

ヘイデン、オーストラリアGPでペドロサの代役としてホンダ・ワークスチームにカムバック

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ MotoGP
イベント名 オーストラリアGP
サーキット フィリップアイランド・グランプリ・サーキット
ドライバー Dani Pedrosa , Jack Miller , Marc Marquez , Nicky Hayden
チーム Marc VDS Racing , Repsol Honda Team
記事タイプ 速報ニュース