ペドロサ、スペインで手術。骨折した右鎖骨をチタンプレートで固定

ペドロサは、日本GPのFP2で骨折した鎖骨の手術を、スペインで行ったようだ。

 ダニ・ペドロサは、日本GPのフリー走行2回目の終盤、ツインリンクもてぎのターン11でホンダのバイクから投げ出され、路面に激しく打ちつけられた。

 彼はすぐに自分の足で立ち上がったものの、スクーターでメディカルセンターに直行。ペドロサは、右の鎖骨が骨折していると診断された。

 彼はそのままスペインに戻り、土曜日の午後には手術を受けた。カタルニアのスポーツ医学の博士、ビクトル・マーレットが手術を執刀した。

 マーレット博士は「CATスキャンで、患者のダニ・ペドロサは、右の鎖骨が4つの破片に粉砕骨折していることが確認された。ひとつの欠片はすごく小さいものだ」

「またスキャンによって、右の腓骨の骨折も確認された。こちらは固定のみの処置となっている」

「鎖骨に関しては外科手術が行われ、チタンプレートで右鎖骨を固定した。手術は成功し、ダニ・ペドロサは今後数日にわたって、経過観察を受けることになる」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ MotoGP
イベント名 日本GP
サーキット ツインリンクもてぎ
ドライバー Dani Pedrosa
チーム Repsol Honda Team
記事タイプ 速報ニュース