マルケスを追いかけるヤマハ。熾烈な争いで必要な『特別』

勝利の可能性は6〜7人。リーダーのマルケスを追いかけるヤマハは、ドゥカティやスズキをも視界に入れ、戦わなければならない。

 昨年のチャンピオンであるヤマハのホルヘ・ロレンソは、ドゥカティが再び優勝できるような力を取り戻したことや、スズキのマーベリック・ビニャーレスがときおり素晴らしいレースをすることを鑑みると、わずかなタイムの差で獲得できるポイントが大きく変わる可能性があると考えている。

「確かに、マルク・マルケスは43ポイントのアドバンテージを持っている。けど6人か7人のライダーが現実的に優勝を争える力がある。だから数レースでポイントの状況は大きく変わる可能性がある」

「毎レース全力を尽くす必要がある。シーズンの最後まで表彰台に立ち続けるんだ。たとえ43ポイントもリードされていても、できるだけ多くのレースで勝てるように努力しなければ」

 マルケスとの57ポイント差を追いかけるバレンティーノ・ロッシは、タイトル争いには『特別な何か』が必要だと言う。

「まだシーズンは長い。あと8レースもある。そして現在、優勝の可能性がある強いライダーが7人もいる」

「だからトラックごとに状況は異なってくるだろう。しかし、競争力が保てるように努力し、常に最速を目指さなければならない」

「より速く、そして常にポイントを獲れるような、何か特別なことをする必要がある。レースごとに考え、全力を尽くすんだ。ここからシーズンが終わるまで、熾烈な争いが続くからね」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ MotoGP
ドライバー Jorge Lorenzo , Valentino Rossi
チーム Yamaha Factory Racing
記事タイプ 速報ニュース