メインレースより熱く……Moto2&Moto3を沸かせたふたりの日本人ライダー、中上貴晶&尾野弘樹

Moto2クラスでは中上貴晶、Moto3クラスでは尾野弘樹が大暴れした今年のMotoGP日本GP。彼らの真の想いに迫る。

 MotoGP第15戦日本GPのMoto2クラス決勝レースで、中上貴晶(IDEMITSU Honda Team Asia)が息詰まるバトルを続けたが、最後は惜しくも0.2秒の僅差で表彰台を逃して4位のチェッカーフラッグを受けた。

モルビデリに競り負け「めっちゃ悔しい」

Takaaki Nakagami, Honda Team Asia
Takaaki Nakagami, Honda Team Asia

Photo by: Gold and Goose Photography

 午後12時20分から23周で争われたレースで、中上は序盤からトップグループを構成した。今シーズンの中上は、優勝を含む4回の表彰台を獲得。すでに上位陣を争う常連選手と見なされている。それだけに、今回のホームグランプリでは日本のファンが寄せる期待も大きく、また、中上自身も優勝を狙って金曜からのセッションに取り組んだ。

 土曜の予選を終えて3列目7番グリッドからのスタートとなった中上は、序盤から表彰台圏内につけ、ラストラップではフランコ・モルビデリ(Estrella Galicia 0,0 Marc VDS)と互いに一歩も引かない好勝負を展開した。お互いに手の内を出し尽くしたバトルの末、惜しくも表彰台を逃した中上は、国際映像の前などでは「良いレースだった。地元で表彰台を獲得できなかったのはとても残念だが、トップ3の3名を祝福したい」と英語で話し殊勝な笑みを泛かべたが、カメラが去ると「いやー、ホント、めっちゃめちゃ悔しいです」と本音を述べた。

「ベストを尽くして3位を狙い、最後は転んでもいいくらいの気持ちでトライしました。面白いレースをできたと思うし、やり尽くした感もあるけれども、フランコに競り負けたのでものすごく悔しいですね」

 その中上の戦いを会場やテレビで固唾を呑みながら見守っていた多くのファンは、結果的に表彰台こそ逃したとはいえ、緊張感に充ちた内容の濃い激戦にはきっと満足をしたことだろう。

最低重量違反はチームのミスだった……

Hiroki Ono, Honda Team Asia
Hiroki Ono, Honda Team Asia

Photo by: Gold and Goose Photography

  Moto3クラスでも日本人選手が活躍した。土曜の予選でコースレコードを塗り替えトップタイムを記録した尾野弘樹(Honda Team Asia)が、決勝レース最終ラップの激しい表彰台争いを制して、3番手でゴール。

 「(バトルの相手が)どこかで入ってくるのは毎コーナーの進入で予想しながら、絶対に3位を取るぞという気持ちで走っていました。案の定、向こうもV字コーナーで仕掛けてきましたが、バックストレートから90度コーナーで自分のバイクが走っているのはわかっていたので、どんな状況でも90度コーナーで抜き返せばいいと思っていました」

 尾野の熱い走りは観客を大いに沸かせたが、表彰式後にMoto3クラスの最低重量制限(ライダーとマシンの合計で152kg)に400g足りないことが判明し、失格処分を通告された。一度は手にしたトロフィーを取りあげられてしまった格好の尾野は、「仕方がないと言えば仕方ないのですけど、正直なことを言えば、やっと獲れた表彰台だったので、納得のいかないところはありますね……」と釈然としない気持ちを述べた。

 チーム監督の岡田忠之は「完璧にチーム側のミス。全力で走ってくれたライダーと、応援してくださったファンの皆様に本当に申し訳ない。二度と同じ過ちを繰り返さないよう、管理を徹底したい」と話した。

 尾野の熱い戦いぶりは結果的に記録に残らなかったものの、今回のレースを観た多くの人々の記憶にはしっかりと灼きついているはずだ。全身全霊を賭けた選手の走りを無にしないためにも、チームにはこの苦い経験を是非とも今後の教訓にしてほしい。

取材・文/西村章

【関連ニュース】

中上貴晶、激闘のファイナルラップ「また来年もう一度トライしたい」:Moto2日本GP

Moto2日本GP決勝:手に汗握る最終ラップ、中上は惜しくも4位。優勝はルティ

Moto2アッセン決勝:中上貴晶が初優勝!

尾野弘樹、最低重量違反で失格「次のレースで再び表彰台を」:Moto3日本GP

Moto3日本GP決勝:尾野が3位フィニッシュ! 母国で嬉しい初表彰台。優勝はバスティアニーニ

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ MotoGP , Moto2 , Moto3
イベント名 日本GP
サーキット ツインリンクもてぎ
ドライバー Hiroki Ono , Takaaki Nakagami
チーム 出光ホンダ・チーム・アジア
記事タイプ 速報ニュース