ロッシ「シーズン後半、ヤマハはバイクを進歩させることができなかった」

バレンティーノ・ロッシは、ヤマハは2016年シーズンの後半戦で、YZR-M1を進歩させるのに苦労したと考えている。

 ヤマハは、今季のチャンピオンの最有力チームであるとみられていた。しかし、バレンティーノ・ロッシとホルヘ・ロレンソのコンビは、最初の7レース中5レースで勝利を収めたものの、カタルニアGP以降は勝てずにいた。

 そしてツインリンクもてぎで行われた日本GPでは、ロッシとロレンソは共に、ホンダのマルク・マルケスを追っている最中に転倒しリタイア。3戦を残して、マルケスにチャンピオンを決められてしまった。

 ロッシによれば、このヤマハの運命の変更は、マシンのアップデートがしっかりと管理されていなかったという。

「僕にとっては、今季は素晴らしいスタートを切った。しかし、シーズン後半では、ホンダが大きく改善してきた。彼らは、当初持っていた問題を修正してきたんだ」

 そうロッシは語っている。

「ヤマハも働いていた。しかし、彼らが僕らに与えたパーツは、うまく作動しなかった。だから、僕らは進歩できなかったんだ」

「昨年も、そして過去もそうだったけど、普通ならシーズン中にヤマハが働けば、バイクは良くなっていったんだ。今年もスタッフはいたし、僕らはテストをこなした。しかし、現実的には、僕らは常に同じレベルにいたんだ」

「だから、僕はそれが、シーズン後半(に苦戦をしたこと)の鍵だったと思う」

 ライダーズタイトルはすでにマルケスに決定したが、ヤマハはまだ、ホンダとコンストラクターズ及びチームタイトルを争っている。ちなみにコンストラクターズタイトルのポイント差は28、チームタイトルのポイント差は51である。

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ MotoGP
ドライバー Valentino Rossi
チーム Yamaha Factory Racing
記事タイプ 速報ニュース