ロッシ「MotoGPキャリアで最高の勝利だ」

バレンティーノ・ロッシは、ライバルであるマルク・マルケスとの死闘を制してのカタルニアGPの勝利は、MotoGPキャリアの中でも最高の勝利のひとつであると語る。

 バレンティーノ・ロッシは、チームメイトのホルヘ・ロレンソを攻略した後、マルケスからのプレッシャーに耐える必要があった。ロッシとマルケスは、残り5周で激しいデッドヒートを演じ、残り2周でマルケスを振り切ったロッシが、今季2勝目を挙げた。

「僕はレースのほとんどを先頭で戦った。そして、すごくプッシュしたんだ。でも、マルケスに対して十分なリードを築くことができなかった」

 レース後のロッシはそう語っている。

「難しいレースになることは分かっていた。彼に抜かれてしまったことで、僕はこれで終わりかと心配したんだ。でも、彼が前にいるのを見て、再び抜き返すことができると思ったんだ」

「そしてその後、僕は少しギャップを作ろうと思ったんだ。それは、最終ラップに入るまでに、とても重要なことだったんだ」

 ロッシは、金曜日の事故で他界したMoto2クラスのライダー、ルイス・サロムに勝利を捧げると語る。

「これは本当に偉大な勝利だ。僕のキャリアの中でも、最高のひとつだよ。そして、ルイス・サロムと彼の家族に捧げる」

マルケス、ロレンソのリタイアで考え方を変えた

 最終ラップまでロッシを追い回したマルケスだが、ロレンソのリタイアを知った時、レースに対するアプローチを変更したという。ロレンソは17周目にドゥカティのアンドレア・イアンノーネの追突によりリタイア。このため、今回20ポイントを獲得したマルケスが、ポイントランキングのトップに立った。

「今日は、本当に難しいレースだった。僕は気温が高いと苦労するのを知っていたんだ。それが、この結果だよ」

「レースでは、特にフロントに苦労した。そういう瞬間が、何回かあった。最後は、本当に限界だった。それでもロッシを抜こうとしたんだけど、ピットウォールに”ロレンソKO”というサインを見た時、僕は考え方を少し変更した」

「でも、重要なのは、僕とバレンティーノが、偉大なる戦いを行い、そしてみんなが楽しんでくれたことだよ。このバトルは、ルイス・サロムに捧げるよ」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ MotoGP
イベント名 カタルーニャGP
サーキット サーキット・デ・カタルニア
ドライバー Marc Marquez , Valentino Rossi
記事タイプ 速報ニュース