冷静にレースをしていたマルケス。「転倒の前におかしなことは感じなかった」

マルケスは、セパンでの転倒は、フィリップアイランドでのクラッシュとは異なる原因で起こったと語った。

 第15戦の日本GPで、3度目のチャンピオンに輝いたホンダのマルク・マルケスは、第17戦マレーシアGPのレースで4番手を走行中、12周目のターン11でフロントを失い、転倒を喫した。

 同じく上位走行中にクラッシュしたカル・クラッチロー(LCRホンダ)やアンドレア・イアンノーネ(ドゥカティ)と違って、マルケスはレースに復帰することができ、11位までポジションを回復してフィニッシュした。

 彼は、前戦フィリップアイランドでトップ独走中に起こしたクラッシュは、3レースを残してチャンピオンを獲得したことによる、”過信”が原因だったと認めているが、今回のセパンでの転倒の原因は、過信ではないと語っている。

「今日は、フィリップアイランドとはまったく違うミスを犯した。僕はバイクの上で冷静になろうと努めていて、セッションの間、普通のレースをしようとしていた」とマルケスは語った。

「最後にプッシュをしようと待っていたんだけど、小さなミスを犯した。何もおかしなことは感じなかったから、同じラインをとったんだ。何もかもが同じだったけど、僕はクラッシュした。クラッシュの後、僕はチームのためにレースをフィニッシュする必要があって、ポイントを持ち帰る努力をする必要があると思った」

 転倒がなければ、どんな順位でゴールできていたかと問われたマルケスは、レースを優勝したアンドレア・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ)を捕らえるのは不可能だったと感じているが、バレンティーノ・ロッシ(ヤマハ)を倒すことは可能だったと語った。

「もしそこにいたら、バレンティーノはプッシュできたかもしれないが、ドヴィは僕たちより速かった」

「2位か3位は間違いなく可能だったけど、僕は結局クラッシュしているんだ。チャンピオンをもう獲得しているから良かったよ。もしそうじゃなかったら、問題だからね!」

【関連ニュース】

マルケス、”過信”がクラッシュの原因。「2014年と同じミスを犯した」

胃腸炎に苦しめられたマルケス。「セットアップの”ギャンブル”も失敗した」

MotoGPマレーシアGP決勝:ドヴィツィオーゾ優勝! シーズン9人目のウィナー誕生

2勝目を挙げたドヴィツィオーゾ「ここまで本当に長かった」

タイヤに問題を抱えていたロッシ。「ホルヘの前でゴールするのが重要だった」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ MotoGP
イベント名 マレーシアGP
サーキット セパン・インターナショナル・サーキット
ドライバー Marc Marquez
チーム Repsol Honda Team
記事タイプ 速報ニュース