賢く戦った”王者”マルケス。ライバルも「今回が最も価値あるタイトル」と称賛

ドヴィツィオーゾは、マルケスの3度のタイトル獲得のうち、今回のタイトルが”はるかに重要”だろうと語った。

 ホンダのマルク・マルケスは、3レースを残して、2016年のMotoGPタイトルを獲得。チャンピオンが決まる可能性が初めて生じたレースである日本GPで、マルケスが優勝。ヤマハのバレンティーノ・ロッシ、ホルヘ・ロレンソの2台がリタイアに終わり、マルケスは最初のチャンスでタイトルを決めてみせた。

 マルケスは、MotoGPクラスのデビューシーズンである2013年と、2014年にタイトルを獲得しており、これで最高峰クラス3度目の戴冠となった。

 ドゥカティのアンドレア・ドヴィツィオーゾは、マルケスについて「彼に盛大にお祝いを言わなければ。シーズン序盤のホンダは、ベストなバイクではなかったとみんな知っていると思うが、彼は完璧にチャンピオンシップを管理した。彼のスピードはバイクの限界に迫っていた。信じられないよ」と語った。

「このタイトル獲得は、最初のふたつと比べても、はるかに重要なものになると思う。本当におめでとう」

 もてぎでマルケス、ドヴィツィオーゾと共に表彰台に上った、スズキのマーベリック・ビニャーレスは「彼は、本当に賢くチャンピオンシップを戦ったと思う。彼は必要な時にプッシュしたし、表彰台に上がれたかもしれない、いくつかのレースでは冷静にレースを進めて、ミサノのように4位を選ぶこともあった」と今季のチャンピオンを賞賛した。

「彼はチャンピオンにふさわしいと思う。彼らは序盤少し苦戦していたが、徐々に改善した。ホンダチームは本当に素晴らしい仕事をしたと思う」

「それに加えて、チャンピオンシップを獲ろうとしている時に、レースに優勝するのは簡単なことじゃない。でも彼はそれをうまくやってのけたんだ」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ MotoGP
イベント名 日本GP
サーキット ツインリンクもてぎ
ドライバー Andrea Dovizioso , Marc Marquez , Maverick Viñales
チーム Repsol Honda Team
記事タイプ 速報ニュース