【MotoGP他】ホンダ2017年二輪モータースポーツ参戦体制を発表

ホンダは、2017年の二輪モータースポーツ参戦体制を発表した。

 ホンダは、イタリア・ミラノで開催されているミラノーショー(EICMA2016)で、MotoGPを含む2017年の二輪レース参戦体制を発表した。

 すでに発表されている通り、MotoGPのワークスチームであるレプソル・ホンダ・チームには、今季のチャンピオンであるマルク・マルケスと、今週末のバレンシアGPで怪我からの復帰を果たすダニ・ペドロサが残留。2017年型のRC213Vを駆ることになる。

 また、カル・クラッチローもLCRホンダに残留。Estrella Galicia 0,0 Marc VDSにはジャック・ミラーとティト・ラバトが残留することになる。つまり、2016年と全く同じラインアップで、2017年シーズンを戦うことになる。なお、レプソルのふたりとミラーは、HRC(ホンダ・レーシング)の契約ライダーということになる。

 一方、Moto3クラスには、2017年型のワークスマシンNSF250RWを15台投入。8チーム体制で臨むとしている。

 この他、FIMトライアル世界選手権には、トニー・ボウ、藤波貴久、ハイメ・ブストの3人がレプソル・ホンダ・チームからエントリー。FIMモトクロス世界選手権には、チームHRCからティム・ガイザーとイブジェニー・ボブリシェフ、AMAスーパークロス世界選手権にはケン・ロクスンとコール・シーリー、FIMスーパーバイク選手権にはニッキー・ヘイデンとステファン・ブラドルがそれぞれ参戦する。

 またダカールラリーにはホアン・バレダ、パウロ・ゴンサルヴェス、ケビン・ベナバイズ、マイケル・メッジ、リッキー・ブラベックの5人が、ホンダCRF450RALLYを駆って挑戦する。

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ MotoGP , Dakar , World Superbike , Moto3 , Trial
ドライバー Dani Pedrosa , Marc Marquez
チーム Repsol Honda Team
記事タイプ 速報ニュース