【MotoGP】クラッチロー「利益のためだけに移籍をするつもりはない」

LCRホンダのクラッチローは、単に利益だけを求めてファクトリーチームに移籍するつもりはないと語った。

 カル・クラッチロー(LCRホンダ)は、2011年にテック3 ヤマハからMotoGPにデビューし、3シーズンを過ごした。2014年にはドゥカティへ移籍し、2015年からはLCRホンダのライダーとしてレースに出場してきた。

 2015年までに12回のポディウム獲得を果たしたクラッチローは、2016年に大躍進を遂げ、ブルノとフィリップアイランドで勝利を挙げた。

 2017年はKTMのエントリーに伴って6つのマニュファクチャーが参戦することになるが、すでに今後2シーズンに渡りその全てのシートが埋まっている。

 クラッチローは、motorsport.comの姉妹サイト、Autosport.comに対し2019年のファクトリーチームへの移籍の可能性などについて語った。

「僕がもう一度ファクトリーチームのライダーになることを考えたかって? もしそういう(移籍できる)可能性があったら、その答えはイエスだ。でも適切なチームと、適切な契約を結ぶ必要がある」

「もしくは、他に興味を持ったことをするかもしれない」

「でもこれまで自分がしてきたことに満足している。ファクトリーチームでバイクに乗れば速くなるのか? それはわからないけど、でも(ファクトリーチームに行けば)自分のキャリアは安定するだろう」

「今後、何が起こるかはわからない。正直に言えばもし2週間後、朝起きた時にレースをしたくないと思ったら、僕はレースをしない。それくらい単純なことだ」

「今レースを辞めても、家族が快適に暮らしていけるだけのお金はある。でも僕は、自分のしていることが好きなんだ」

 昨年31歳になったクラッチローは、ランキング7位で昨シーズンを終えた。彼はMotoGPのキャリアの中で2016年がベストだったとは思っていない様だが、ライダーとしてもっと成長できると考えている。

「現時点では、僕はもっと速くなれるし、2年前と何かが変わったとは思わない」

「クラッシュした時に昔よりも痛むことはあるけど、そんな程度だ。これまで何度もクラッシュしたけど、それでもなんとか素晴らしいキャリアを積んできた」

「クラッシュすることは好きじゃないけど、クラッシュもレースの一環だ。僕は世界で最も才能あるライダーじゃないからね」

「僕の体はベストな状態じゃないかもしれないし、加えて少し年齢も重ねてきた。でもクラッシュを恐れることはないし、そこから立ち上がってまた速くなるんだ」

【関連ニュース】

ロッシは16年シーズンにリラックスして臨めなかった!?

ロレンソ「ドゥカティでも自分のスタイルは変えない」

【F1, MotoGP】バレンティーノ・ロッシがF1参戦に近付いた時

ロッシ、ファンとの”スクーター事件”の裁判中止

元ロレンソ担当トレーナー、エスパルガロ弟と契約

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ MotoGP
ドライバー Cal Crutchlow
チーム Team LCR
記事タイプ 速報ニュース