【MotoGP】ホンダ、2018年末までレプソルとの契約更新を発表

ホンダ・レーシングは、タイトルスポンサーであるレプソルとの2018年末までの契約延長を発表した。

 1995年以来、レプソルのロゴはホンダのタイトルスポンサーとしてワークスマシンに掲げられており、2社間のパートナーシップは2017年で23年目を迎える。

 これまで2017年末までの提携契約が交わされていたが、この度2018年末まで契約が延長されることが明らかになった。

 HRC(ホンダ・レーシング)のゼネラルマネージャーである桑田哲宏は次のように語った。

「タイトルスポンサーであるレプソルとの契約更新を喜ばしく思います」

「今年はMotoGPの2016年タイトル獲得と、22周年目のパートナーシップを祝いました。これはオートバイの世界選手権の歴史の中でも驚くべき成果です」

「今回の記録は、このパートナーシップが大きな価値をもたらしていることを証明しています。スポンサーシップ契約の締結により、重大な技術開発を共に行なってまいりました」

「これから2018年まで、レプソルと歩んでいけることを誇りに思います。そして、さらにその先も共にあれることを望んでおります」

 レプソルとの提携以来、ホンダはミック・ドゥーハンやアレックス・クリビーレ、バレンティーノ・ロッシ、ニッキー・ヘイデン、ケーシー・ストーナーやマルク・マルケスと共に500cc/MotoGPライダーズタイトルを獲得してきた。チームはレースで151回勝利を挙げ、392回表彰台に上がった。

 現在HRCが擁しているマルケスとダニ・ペドロサは、2018年末までチームとライダー契約を結んでいる。

【関連ニュース】

ホンダ2017年二輪モータースポーツ参戦体制を発表

ホンダ・サンクスデー②マルケス&ベドロサ、CBR250Rビギナー選手権に出走

ホンダ・サンクスデー⑥:アロンソMotoGPバイクで激走。超豪華イベントに幕

MotoGP日本GP決勝:波乱のもてぎ制したマルケス、MotoGPチャンピオン戴冠!

 

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ MotoGP
チーム Repsol Honda Team
記事タイプ 速報ニュース
タグ repsol