【MotoGP】ロレンソ「ドゥカティでも自分のスタイルは変えない」

ホルヘ・ロレンソは2017年からドゥカティに移籍するが、これまでの自分のスタイルは変えないと主張している。

 2016年のシーズン終了後、バレンシアで行われた2日間のテストで、2017年よりドゥカティに移籍するホルヘ・ロレンソは、多くの人々が驚異的なタイムを期待していたにもかかわらず、快適に走ることに終始した。

 テスト1日目のロレンソは、トップタイムのマーベリック・ビニャーレス(ヤマハ)から0.1秒差で3位、2日目では再びトップに立ったビニャーレスから0.7秒落ちで8位だった。

 ドゥカティのマシンは、歴史的にも扱いづらいと考えられている。そんなバイクを、スムーズなライディングスタイルが売りのロレンソがどう操るのかに、多くの人が注目していた。

 彼からしてもマシンは全く違ったものだったようだが、彼のDNAにそぐわなかったとしても、早く走ることができるマシンだと感じたようだ。

「ドゥカティに乗っても自分のスタイルを変えないと決めていたし、それは今も変わらない」とロレンソは語った。

「小さなディテールを変更して、進化させていくかもしれない。でも、マシンが僕のスタイルを変えることはないだろう」

「僕がドゥカティに適応できることはわかっていた。僕はドゥカティに早く適応できると知っていたけど、どれくらいの速さで走れるかはわからなかった」

「でも、僕は比較的に速く走れることも知っていたし、これまでのようにマシンは快適だった」

ドゥカティに必要な体質

 2017年はロレンソにとって大きな変化の年になる。彼のトレーナーだったマルク・ロビラとは別の道を歩むことを決め、彼は新たなマシンを手に入れ、新しいトレーナーを獲得した。

 しかし、ロレンソはドゥカティでMotoGPタイトルを獲得した最後のライダーであるケーシー・ストーナーが小柄だったことから、人々が考えているほど筋肉量を増やす必要がないと考えている。

「ストーナーは筋肉量が少なく、身体的にも僕より小さく体も薄いけど、バイクではどこにでも動けていた」とロレンソは語った。

「それでも彼は疲れていなかったし、レースが終わるまで一貫して速いペースを保つことができた」

「最終的にはその人のキャラクターとライディングスタイルによって異なると思う」

【関連ニュース】

ロレンソのドゥカティ初テスト。チームは「とてもポジティブ」と感銘

元ロレンソ担当トレーナー、エスパルガロ弟と契約

ストーナーの助言を歓迎するロレンソ「良い機会を利用したい」

太鼓判を押すロレンソ「ビニャーレスはマルケスに似てる」

王者を狙うドゥカティ「ロレンソは開幕戦で勝てる」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ MotoGP
ドライバー Jorge Lorenzo
チーム Ducati Team
記事タイプ 速報ニュース