MotoGP、2017年からのウイングレット使用禁止を決定

MotoGPのグランプリ委員会は、2017年からウイングレットの使用を禁止することを決定した。

 MotoGPのグランプリ委員会は声明を発表し、2017年からウイングレットを使用することを決定したことを明らかにした。

 声明は、以下のような内容になっている。

 委員会は、2017年からMotoGPクラスにおいて、空力翼の使用を禁止することを全会一致で合意した。

 実際の規則は、Moto3クラスおよびMoto2クラスのモノが複製される。これらでは、すでにウイングの使用が禁止されている。

 現在のテクニカルレギュレーションで許されているウイングは、2016年シーズン中は使い続けることができる。

 ドゥカティが使い始めたこのウイングレットは、今季の始めからMotoGPのパドックでは意見が分かれていた。幾人ものライダーが、安全性の問題とマシンの美的感覚から、このウイングレットを批判していたが、ドゥカティのアンドレア・イアンノーネのみ、それに反対する意見を述べていた。

 

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ MotoGP
記事タイプ 速報ニュース