【MotoGP】3クラス合計”1000”クラッシュ突破。GPクラスの転倒増で史上初……

史上初めて、3クラスの合計クラッシュ数が1000回を突破してしまった。

 昨シーズンの合計転倒数は976回を数えたが、今シーズンは最終戦バレンシアを残し、合計1011回ものクラッシュがあった。

Falls per season

シーズンごとの転倒数

Photo by: Motorsport.com

 この転倒数の激増は、MotoGPクラスに関連がある。今年導入された新しいテクニカルレギュレーションに、チームはまだ適応途中なのだ。

Falls per class

クラスごとの転倒数

Photo by: Motorsport.com

 これには、ふたつの主な要素が考えられる。ひとつはタイヤの供給メーカーがブリヂストンからミシュランに変わったこと、もうひとつは電子制御ソフトの共通化が導入されたことである。このふたつの要素が絡み合い、クラッシュ数増加の大きな要因となっている。

 最終戦を残しMoto3クラスのクラッシュ数は388で、現時点では昨年の409回より少ない。

 同じ傾向がMoto2クラスにも見られ、昨年352回に対し、現在348回となっている。

 しかしながらMotoGPでは明らかな増加が見られる。昨年は215回だったにもかかわらず、今年はすでに275回ものクラッシュが起きているのだ。ちなみに、カル・クラッチローとジャック・ミラーの転倒回数は群を抜いており、両者ともに24回ずつ事故を起こしている。

 決勝での転倒リタイアが3回のバレンティーノ・ロッシは、転倒回数自体が少なくわずか4回。一方で、チャンピオンを獲得するまでノーポイントレースがなかったマルク・マルケスは、16回の転倒と対称的だ。

Falls per rider
ライダーごとの転倒数

Photo by: Motorsport.com

【関連ニュース】

16年王者マルケス”2015年にタイトルを失ったことが、今年のチャンピオンに繋がった”

転倒の”予兆”を何も感じなかったロッシ。「クラッシュしてすごく驚いた」

ロッシからタイヤの使い方を”盗んだ”マルケス「ロッシは”ナーバス”に見えた」

クラッチロー「Q2での転倒がなければポールポジションが獲れた」

冷静にレースをしていたマルケス。「転倒の前におかしなことは感じなかった」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ MotoGP
記事タイプ 分析