【MotoGP】Moto3参戦検討のドゥカティ。実現は早くとも2019年以降

Moto3への参戦を検討していると示唆しているドゥカティだが、その実現は早くとも2019年以降ということになりそうだ。

 2016年MotoGPの最終戦バレンシアの際に行われた記者会見で、ドゥカティのチーム代表であるパオロ・シアバッチはドゥカティが将来Moto3へのエントリーを検討していることを言及した。

 現在Moto3に参戦しているのはホンダ、KTM、マヒンドラの3メーカーである。ドゥカティはここに加わろうとしているわけだが、実際に彼らの参戦が実現するのは、2019年以降になりそうだ。シアバッチは、まずはMotoGPでの目標を達成する必要があり、それに向けリソースを集中させる必要があると考えているという。

「Moto3はとても興味深い選手権であり、ドゥカティはMoto3のバイクを手がけることを検討している。しかし、それが実現するのはMotoGPで目標を達成した後だ」

「現時点でプロジェクトは動き出していない。アイデアレベルの話だ」

「MotoGPですぐに目標を達成できるだけの競争力に達することができれば、我々の開発作業はそれほど多くなくなり、Moto3マシンを作るためのリソースを割くことができる」

「間違いなく2018年ではないだろう。技術的にも時間を要するだろうし、まだ何の決定も下されていないからだ」

Interview by Matteo Nugnes

【関連ニュース】

【MotoGP】2017年開催カレンダーが変更。ドイツGPが2週間早まる

王者を狙うドゥカティ「ロレンソは開幕戦で勝てる」

ロレンソ「ウイングはドゥカティに有利だから禁止された」

ドゥカティ、来季に向け”ライダーの身体に優しい”バイクを開発中

ヤマハのビニャーレス、初テスト初日にトップタイム。ドゥカティのロレンソも3番手

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ MotoGP , Moto3
記事タイプ 速報ニュース
タグ paolo ciabatti