【MotoGP】バイクのバランスに不満のロッシ「午後はすごく苦しんだ」

ロッシは、最終戦の金曜日のフリー走行で『十分な速さがなかった』と認めた

 ヤマハのバレンティーノ・ロッシはフリー走行1回目で2番手だったが、トップタイムのチームメイト、ホルヘ・ロレンソから0.4秒遅れ。フリー走行2回目では8番手となっている。

 ロッシは2004年以来バレンシアで勝利しておらず、金曜日の走り始めは励みとなるようなものだったものの、午後にペースを維持することができなかったと語った。

「僕らは今朝すごくいいスタートを切った。FP1はポジティブだった。特にセッション最後は」と彼は語った。

「リヤにハードを履いて、少し寒かったけどバイクとタイヤはすごく快適な感じだった。最終的に、2番手でセッションを終えたんだ」

「午後もハード(リヤ)タイヤを継続しフロントもハードを試したんだけど、なぜか午後はすごく難しくて、特にリヤから十分なグリップとフィーリングが得られなかった。だから2~3周しても、リズムは良くなかった」

 ロッシは苦しんだ理由はハードのリヤタイヤだけでなく、ソフトのコンパウンドでも”十分な強さ”がなかったと語った。

「プラクティスを通して他の人も、ハード(のリヤ)でグリップが不足しているライダーが多くいたようだった。だから最終的に(リヤに)ソフトを履いて、フロントも変えてみた。ハードのフロントも快適に感じられなかったからね」

「それからラップタイムを改善しペースを改善できたけど、十分な速さがなかった。セッティングに満足できていないし、バイクのバランスにも不満だ」

「多くのコーナーでかなり苦しんだし、十分な強さがなかった。データをチェックし、明日はバランスの改善に取り組もう」

【関連ニュース】

【MotoGP】3クラス合計”1000”クラッシュ突破。GPクラスの転倒増で史上初……

【MotoGPバレンシアGP】FP1:ロレンソがトップタイムを記録。ヤマハ1-2発進

【MotoGPバレンシアGP】FP2:ロレンソが好調を維持しトップ。マルケスが2番手

【MotoGP】初日好調のロレンソ。「今回持ち込まれたタイヤが僕に合っている」

【MotoGP】来季の相棒を警戒するロッシ。「ビニャーレスに全データを公開するつもりはない」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ MotoGP
イベント名 Valencia GP
サーキット バレンシア・サーキット-リカルド・トレモ
ドライバー Jorge Lorenzo , Valentino Rossi
チーム Yamaha Factory Racing
記事タイプ 速報ニュース