【MotoGP】ロッシ、ビニャーレスに手を焼く予感。「ロレンソと同じくらい手強い」

ロッシは、最初のテストでビニャーレスのスピードを目の当たりにし、早くも21歳の若いライダーを相手にすることに対して身構えているようだ。

 ヤマハのバレンティーノ・ロッシはディージェイ・ラジオ(イタリアのラジオ局)とのインタビューで、新しいチームメイトのマーベリック・ビニャーレスについて語った。

 最終戦が終わった2日後に開かれたバレンシアでの公式テストで、ビニャーレスは初めてヤマハのバイクに乗り込み、総合トップタイムをマークした。

 1週間後、ホンダやドゥカティのライダーがヘレスでテストを行う中、ヤマハはセパンでプライベートテストを行った。ヤマハはこのテストの詳細を発表していないが、またしてもビニャーレスがとても速いタイムを記録したようだ。

「僕は(ダニ)ペドロサのような誰かが(チームメイトとして)良い。ベテランがね」とロッシは語った。

「ビニャーレスがチームメイトになって、僕にとっての問題が減ることを望んでいたけど、最初のテストの後、最低でも(ホルヘ)ロレンソと同じくらい多くの問題を抱えることになるとわかった」

 その後、ロッシは元チームメイトであるロレンソとの緊張関係が深まった理由について語った。

「2015年末に起こったことで崩壊したんだ。それからは、(以前と)同じようにはいかなかった」

「ビニャーレス(との関係)は、もう少し良くなるだろう」

マルケスを賞賛しながらも……

 ロッシはマルケスについても言及し彼の才能を賞賛したが、同時に昨年末、彼が”果たした役割”について批判をした。

「幸いにも、マルケスは僕のチームメイトじゃない」とロッシは語った。

「昨年末、マルケスは多くのことを示したと、僕は思う」

「僕らの間に尊敬の関係以外には、何もない。彼はライダーとして非常に速いし、決してあきらめない。彼は少し速すぎると言えるね!」

【関連ニュース】

来季の相棒を警戒するロッシ。「ビニャーレスに全データを公開するつもりはない」

ヤマハのペースに自信を持ったビニャーレス。一方「スズキを出るのは”奇妙な”感じ」

ヤマハのビニャーレス、初テスト初日にトップタイム。ドゥカティのロレンソも3番手

ロッシ、合同テストで大クラッシュ「初日の大半の時間を失ってしまった」

プレッシャーでボロボロになったマルケス「チームが大きな助けになった」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ MotoGP
ドライバー Maverick Viñales , Valentino Rossi
チーム Yamaha Factory Racing
記事タイプ 速報ニュース