【MotoGP】ロレンソ、チームメイトのドヴィツィオーゾを警戒。「彼はキャリア絶頂期にいる」

ロレンソは、ドゥカティでチームメイトとなるドヴィツィオーゾを破るのを簡単ではないと語った。

 MotoGPで10年目のシーズンを迎えるアンドレア・ドヴィツィオーゾは、これまでの参戦9年のうち7年をワークスチームで過ごした(ホンダを3年、ドゥカティを4年)。カル・クラッチローやニッキー・ヘイデン、アンドレア・イアンノーネといったライダーをチームメイトに迎え、そして上回ってきた。

 2017年、ドヴィツィオーゾのチームメイトは、ヤマハからドゥカティに移籍してきたホルヘ・ロレンソになる。

 ロレンソは、ドゥカティに4年間乗っている彼を過少評価するようなミスはしないと、すでに宣言している。

 ふたりは250ccクラス時代からのライバルであり、お互いのことをよく知っている。ロレンソが2006年と2007年にタイトルを獲得した際、ドヴィツィオーゾは2位だった。

「アンドレアは非常に論理的で、多くの経験を持っている。彼はミスをしないし、常にレースをフィニッシュし、多くのポイントを持ち帰る」とロレンソは語った。

「彼はバレンシア(テスト)ですごく速かったし、彼はキャリアの中でも絶頂期を迎えていると、僕は思う。彼より速く走るのは簡単ではないと思うよ」

【関連ニュース】

代役オファー拒否のストーナー。ドゥカティ「彼はもうレースをしないかも」

ストーナー、ドゥカティでの役割拡大か。ロレンソのサポート役就任も

ロレンソのドゥカティ初テスト。チームは「とてもポジティブ」と感銘

ドゥカティ、バイクの改良に自信。「ロレンソが何を望んでいるかわかっている」

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ MotoGP
ドライバー Andrea Dovizioso , Jorge Lorenzo
チーム Ducati Team
記事タイプ 速報ニュース