MotoGPイギリスGP予選:レインマスター、クラッチローが母国でポールポジション

カル・クラッチローが、ウェットコンディションとなったイギリスGP予選で、他車を1秒引き離しホームレースのポールポジションを獲得した。

 LCRホンダのカル・クラッチローは2分19秒265という素晴らしいラップを刻み、母国のレースでポールポジションを獲得。最高峰クラスでは1977年のバリー・シーン以来となる、イギリスGPのイギリス人ポールシッターとなった。

 クラッチローは、自身3回目、2013年のブルノ以来のポールポジションとなっている。

 ヤマハのバレンティーノ・ロッシ、スズキのマーベリック・ビニャーレスがクラッチローに続きフロントロウ獲得。ただクラッチローからはそれぞれ0.998秒、1.249秒と大きく離された。

 ホンダのダニ・ペドロサとマルク・マルケスが4番手、5番手に並んだ。マルケスは、セッション残り2分の時点で1コーナーのコプスでクラッシュ。これでタイム更新ができず、5番グリッドに留まった。

 Q1をトップで通過したユージン・ラバティ(アスパル)は、最後のアタックでセクター2を全体ベストのペースでタイムを刻み、クラッチローのポールを脅かしたが、ファームコーナーでハイサイドを起こし転倒してしまった。

 ラバティは2年落ちのドゥカティマシンにもかかわらず、6番グリッドを獲得。同じドゥカティ勢であるスコット・レディング(プラマック)、ワークスのアンドレア・イアンノーネの前のグリッドを獲得した。

 ヤマハのホルヘ・ロレンソは9番グリッド止まりで、トップから2.422秒離されている。

 危険なコンディションの中、アンドレア・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ)とジャック・ミラー(マルクVDSホンダ)はそれぞれクラッシュ。10番グリッドと12番グリッドからスタートする。11番グリッドにはスズキのマーベリック・ビニャーレスが入っている。

 ミラーのクラッシュはセッション序盤に起こっており、彼はタイムを残すことができなかった。

Q2 results:

Cla#RiderBikeTimeGap
1 35  Cal Crutchlow  Honda 2'19.265  
2 46  Valentino Rossi  Yamaha 2'20.263 0.998
3 25  Maverick Viñales  Suzuki 2'20.514 1.249
4 26  Dani Pedrosa  Honda 2'20.742 1.477
5 93  Marc Marquez  Honda 2'20.779 1.514
6 50  Eugene Laverty  Ducati 2'20.821 1.556
7 45  Scott Redding  Ducati 2'21.074 1.809
8 29  Andrea Iannone  Ducati 2'21.446 2.181
9 99  Jorge Lorenzo  Yamaha 2'21.687 2.422
10 4  Andrea Dovizioso  Ducati 2'22.420 3.155
11 41  Aleix Espargaro  Suzuki 2'25.285 6.020
12 43  Jack Miller  Honda no time  

Q1 results:

Cla#RiderBikeTimeGap
  50  Eugene Laverty  Ducati 2'18.193  
  43  Jack Miller  Honda 2'18.531 0.338
13 76  Loris Baz  Ducati 2'18.552 0.359
14 9  Danilo Petrucci  Ducati 2'18.657 0.464
15 44  Pol Espargaro  Yamaha 2'18.871 0.678
16 22  Alex Lowes  Yamaha 2'18.900 0.707
17 6  Stefan Bradl  Aprilia 2'19.115 0.922
18 8  Hector Barbera  Ducati 2'19.125 0.932
19 19  Alvaro Bautista  Aprilia 2'20.299 2.106
20 68  Yonny Hernandez  Ducati 2'21.255 3.062
21 53  Tito Rabat  Honda 2'21.774 3.581

Be part of something big

コメント
コメントを書く
この記事について
シリーズ MotoGP
イベント名 イギリスGP
サーキット シルバーストン
ドライバー Cal Crutchlow
チーム Team LCR
記事タイプ 予選レポート